ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ダライ・ラマ法王 来日履歴>2010年6月 来日報告>ダライ・ラマ法王2010年6月来日報告 8日目

ダライ・ラマ法王2010年6月来日報告  8日目

2010年6月25日横浜(チベットハウス)

Photo法王は午前中、200人あまりの在日モンゴル人と会見しました。伝統服を来たモンゴル人音楽家たちが法王をオーディエンス・ホールにお迎えし、法王は、日本でモンゴルの人々と会うことが出来た喜びを表しました。

法王は、モンゴル人とチベット人の1,000年以上にわたる関係に触れました。「モンゴルに中期・後期仏教が伝わったのは、主にチベットを通じてのことでした。(法王の)『ダライ』という称号も、ダライ・ラマ3世の時代にモンゴルの王から授かったものです。私がチベットにいた頃も、多くのモンゴル人の学者がそこに住んでいました。ジンギス・カンの勇猛さと、その軍隊の力は、かつてモンゴルを一大軍事大国に押し上げました。今日、皆さんは、このジンギス・カンの勇気に、現代の知識と技能を加えることで、モンゴルに繁栄と平和をもたらさなければなりません。

Photo仏教は、モンゴルとチベットの文化に重要な役割を果たしました。私たちは、さらに研鑽を積み、21世紀の仏教徒となる必要があります。経典を暗誦し祈るだけでは十分ではありません。それを研究し、分析する必要があります。カンギュール(経典部=仏陀の教え)は100巻、テンギュール(論釈部=カンギュールに対する解釈)は200巻あります。それらは単なる崇拝の対象であってはならず、勉強し、仏陀の教えを実践するためのテクストでなければなりません」。このように法王は述べました。

Photo午後、法王は東京の世田谷学園を訪問し、「ビジョンからリアリティへ」と題する講演を、17の中学校・高校から集まった生徒を前に行い、校長、教頭、教師、職員、生徒から歓迎を受けました。

法王は、生徒に対し、勉学に励み、日本のみならず世界に貢献できる人間となるよう忠言しました。また、仏教的な学び——トー、サム、ゴムスム(聞いて、分析し、マスターする)——を説明しました。「学問分野をマスターするには、この三段階をしっかりと踏む必要があります。時代が変わっても、あなたの知識は時代に合わせて生き延びなければなりません。知識は鍵です。その鍵はあなたの魂を開いて、解決し、創造し、人類の福祉のために貢献するものでなければなりません」。このように法王は述べました。

「日本は第二次世界大戦中、とても辛く困難な時代を生きました。しかし、人々の復興への決意と勤労の結果、日本は立ち直り、民主的な法治国家となりました。それは素晴らしいことです。日本の若い皆さんは、この体験を海外に伝え、発展途上の国々を助けなければなりません」。このように法王は述べました。

「20世紀は暴力の世紀でした。皆さんは21世紀を平和と対話の世紀としなければなりません。平和とは、問題がないことではありません。沢山、あるでしょう。しかし、問題解決の方法は、相互尊重と対話に拠るべきであり、戦争に拠るべきではありません」

この講演を開催したのは、世田谷学園をはじめとする曹洞宗系の18の学校です。講演後、世田谷学園の林校長は、生徒、教師、職員を代表して、貴重なお話を賜り、若い生徒たちに地球に貢献するよう鼓舞されたことに対し、法王に感謝の意を示しました。

翌9日目には、法王はパシフィコ横浜の展示ホールで1万人の観衆を前に、法話・講演を行う予定です。


(翻訳:吉田明子)

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス