ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2020年>パンチェン・ラマ・ゲンドゥン・チューキ・ニマの強制失踪事件から25年、世界にその存在をアピールする1か月

パンチェン・ラマ・ゲンドゥン・チューキ・ニマの強制失踪事件から25年、世界にその存在をアピールする1か月

2020年4月25日
国連、EU,中央チベット政権情報・国際関係省(外務省)人権部

チベットご支援者の皆様

チベット中央政権は、4月25日~5月17日にかけて、パンチェン・ラマ11世ゲンドゥン・チューキ・ニマが行方不明になってから25周年を記念し、世界各地でイベント活動を予定しておりました。しかしながら、この度、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、残念ながら自粛することになりました。

つきましては、ご支援者の皆様に近況報告として、チベット中央政権が作成した冊子の日本語訳を同封致します。ご査収の上、目を通して頂けたら幸いに存じます。いつも変わらぬ御支援を心から感謝しております。これからもどうぞ引き続きご協力をよろしくお願いします。

強い後悔と悲しみをこめて、チベットの第11世パンチェン・ラマ・ゲンドゥン・チューキ・ニマが中国政府に拉致されてから、25年の月日が経ったことをお知らせしなければなりません。

この25年間、パンチェン・ラマは正当な第11世パンチェン・ラマとしての地位どころか、普通の人間として生きる権利さえ奪われ続けています。

25年という節目に当たり、もう一度この事実を明らかにし、チベットの歴史からパンチェン・ラマ・ゲンドゥン・チューキ・ニマを消そうとする中国の企てにもかかわらず、世界はパンチェン・ラマ・ゲンドゥン・チューキ・ニマを決して忘れてはいない、という強いメッセージ発信していきたいと思い、このメッセージを書いています。

パンチェン・ラマ・ゲンドゥン・チューキ・ニマは、1995年5月14日、インドのダラムサラでの式典において、ダライ・ラマ法王によって認定されました。しかしそのわずか3日後の5月17日、中国政府によって両親と共に拉致され、その後今日まで、どこにいるかさえも分からない、消息不明の状態が続いています。中国の行いは、国際的に認められた人権を完全に無視しており、中国の国内法にさえ違反しています。

パンチェン・ラマ・ゲンドゥン・チューキ・ニマは今年の4月25日で31歳になります。「強制失踪からのすべての人を守る宣言」に定義されているように、強制失踪は、失踪させられた人が見つかって、どうなったかがわかるまでずっと続く犯罪です。つまり、パンチェン・ラマ・ゲンドゥン・チューキ・ニマとその両親の強制失踪事件は、1995年から25年間も続いている犯罪なのです。

全てのチベット人にとって、このことは長年続く、最も重く辛い事件であり、このように繰り返され続ける人権侵害は、終わらせなくてはなりません。中国は、パンチェン・ラマ・ゲンドゥン・チューキ・ニマは健康で、普通の生活を送っていると主張しています。しかし、実際に、生きているパンチェン・ラマに会えない限り、そのような主張を信じることはできません。パンチェン・ラマ・ゲンドゥン・チューキ・ニマの強制失踪は、1995年から「強制的および非自発的失踪に関する国連作業部会」に登録されている、世界で最も古い未解決事件の1つなのです。

そこでお願いがあります。中国政府に対し、パンチェン・ラマ・ゲンドゥン・チューキ・ニマとその両親を解放するように、またチャドレル・リンポチェの所在を明らかにするように、働きかけてください。私たちは、貴国の政府と国民が、チベット人や第11代パンチェン・ラマの立場に立ち、その人権を守るよう主張し続けてくださると、固く信じております。なぜならパンチェン・ラマとその家族が、世界から隔絶され続けているという事実そのものが、中国政府の主張が偽りであることを証明しているのですから。


ダライ・ラマ法王日本代表部事務所
代表:ルントック



パンチェン・ラマ・ゲンドゥン・チューキ・ニマの強制失踪事件から25年

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス