ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2019年>「私たちがここに集ったのは、チベットの自由を求める精神的な闘いが今も続いており、その勝利が確かな証だ。」イアン・カーマ元ボツワナ大統領

「私たちがここに集ったのは、チベットの自由を求める精神的な闘いが今も続いており、その勝利が確かな証だ。」イアン・カーマ元ボツワナ大統領

2019年3月10日

インド、ヒマーチャル・プラデーシュ州ダラムサラ

2019年3月10日にダラムサラのツクラカンで行われたチベット蜂起60周年の式典で演説するイアン・カーマ元ボツワナ大統領(写真:中央チベット政権テンジン・ペンデ)

チベット蜂起60年の式典に、中央チベット政権内閣は、11の国の指導者、10人の議員、台湾、中国内外から60人の知識人を招いた。このような人たちを招いたのは史上初めてのことだ。

60年前のこの日、チベットのラサで、不屈の精神を持ったチベット人数千人が立ち上がり、チベットを不法占拠する中国人民解放軍に対する平和的な抗議活動を行った。その後の数週間、中国軍は平和的な抗議活動参加者に残忍な弾圧を加え、数万人のチベット人が命を落とした。

ダライ・ラマ法王および中央チベット政権が拠点を置くダラムサラで行われた今年の式典には、イアン・カーマ元ボツワナ大統領、世界中の議員、中国の知識人が集い、花を添えた。

「3月10日の愛国的な抗議活動に参加した人たちは物理的には破れました。しかし、私たちが今日ここに集ったのは、チベットの自由を求める精神的な闘いが、チベット内外のチベット人の心の中で今なお続いているという証です。その闘いは、国際コミュニティにも共有されており、その精神を共有する国際コミュニティは増えています。」
主賓のイアン・カーマ元ボツワナ大統領はこう述べた。

イアン・カーマ元ボツワナ大統領は、中央チベット政権の中道政策およびチベットの環境破壊に関する注意を世界中に訴える姿勢を称賛した。

「ダライ・ラマ法王の教えや外交に反映されているように、そして、中央チベット政権の政策にも記されているように、チベット人の闘いは非暴力の『中道政策』、中国との和解を究極の目的とした対話を基本にしています。毛沢東時代およびそれ以降にチベット人が受けた過酷な弾圧を考えれば、チベット人のこの姿勢は素晴らしいものだと言えます。」

「中央チベット政権が環境問題のために10のアクションを掲げ、世界に働きかけていることを歓迎します。このアクションは、中国政府、そして、国連を通じて、人類のために『世界の屋根』」を守るための世界への呼びかけです。

イアン・カーマ元ボツワナ大統領は、2017年に予定されていたダライ・ラマ法王のボツワナ訪問の際に中国政府が行った脅迫を厳しく非難した。
「中国政府が国内で基本的人権を弾圧することは百歩譲って許せるかもしれません。しかし、同じ弾圧を国外で行うことは許されません。中国による南シナ海の不法占拠もそうです。

「2017年当時、私は大統領の地位にありました。中国政府からダライ・ラマ法王のボツワナ入国を拒否するよう圧力を受けましたが、こうした中国政府の振る舞いから、我々は中国政府の要求に屈することを拒否しました。」

中央チベット政権ロプサン・センゲ主席大臣

「私たちは原理原則に従った立場を貫きましたが、ダライ・ラマ法王は集会へ参加することができませんでした。ダライ・ラマ法王がいらっしゃっていれば、多方面から多くの人が集っていたことでしょう。」

イアン・カーマ元ボツワナ大統領は、さらに中国政府に対する批判を続けた。
「ダライ・ラマ法王のイベント参加を阻止することでダライ・ラマ法王の影響力を弱めることができると考えている人が今なおいることは、論理的ではありません。」

「ダライ・ラマ法王のアフリカ訪問を妨げようとする中国政府の一貫した姿勢の結果、ダライ・ラマ法王の影響力はアフリカ大陸全体で高まっているのです。」

イアン・カーマ元ボツワナ大統領は、「チベット人への希望のメッセージ」で演説を締めくくった。

「みなさんの闘いは、長く、そして苦痛に満ちたものです。でも、顔を上げてください。みなさんの心の中では、みなさんは打ち負かされてなどいないのです。みなさんの心の中で、みなさんはすでに解放されているのです。みなさんのこのような心、そして、弛まぬ決断力があれば、みなさんが勝利する日はきっとやって来ます。」

「闘いは続いても、勝利はきっとやって来ます。みなさんは力を持っているのです。」

中央チベット政権ペマ・ジュンネ議長


世界各国から3月10日の式典で演説を行った他のゲストは以下の各氏だ。


ホン・シュリ・シャンタ・クマール(ヒマチャル・プラデシュ州元州知事、現インド国会議員)

マイケル・ブランド(ドイツ連邦議会議員)

トーマス・マン(欧州議会議員、チベット関連グループ代表)

ガーネット・ジェヌイス(カナダ保守党アルバータ州選出議員)

ルシア・ドゥリス・ニコルソノバ(スロバキア共和国国民議会副議長)

尤美女(台湾民主進歩党議員)

サンディ・ケイラン(南アフリカ民主連盟議員)

アルベルト・デ・ベローンデ(ペルー自由党議員)

アントネラ・インセルティ、楊建利(公民力量)


(翻訳:亀田浩史)

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス