ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2018年>キャプジェ・ヨンジン・リン・リンポチェ7世が日本を訪問

キャプジェ・ヨンジン・リン・リンポチェ7世が日本を訪問

2018年7月11日
日本、東京

キャプジェ・ヨンジン・リン・リンポチェ7世が初来日した。ダライ・ラマ法王の83歳の誕生日御祝賀と、公開ティーチングのためだ。今回の訪問は、ダライ・ラマ法王日本・東アジア代表部事務所が催した。

7月6日、リン・リンポチェは、生きとし生けるものの命を救うセレモニーを行った。セレモニーでは、10万匹の魚が川に放流された。このセレモニーは、ダライ・ラマ法王の誕生日を祝して、ダライ・ラマ法王代表部事務所が主催した。セレモニーには、チベット人、モンゴル人、日本人が参加した。

7月7日には、東京のホテルオークラで行われたダライ・ラマ法王の83歳の誕生日祝賀にチーフゲストとして参加した。祝賀には、数百人のゲストが参加した。

同日、リン・リンポチェは、東京の護国寺で、「ゲシェ・ランリ・タンパによるこころを訓練する八つの教え」のティーチングを日本人向けに行った。

8日朝には、公開ティーチング「宗教を超えた倫理観」を行った。続いて、午後には、観音菩薩許可灌頂を行った。

また、チベット仏教普及協会(ポタラ大学)の招きを受け、ラムリム(菩提道次第)に関する公開トークも行った。会場は満員であった。

7月10日には、モンゴル文化センターを訪問した。

7月11日には、ダライ・ラマ法王代表部事務所を訪れ、スタッフから歓迎を受けた。ルントック代表から事務所の背景の説明を受けたリン・リンポチェは、ラムリムの経典を寄贈した。そして、午後にインドへの帰路についた。

リン・リンポチェは、1985年11月18日にインドで生まれた。その後、ダライ・ラマ法王の教師で、1983年に他界したキャプジェ・ヨンジン・リン・リンポチェ6世の転生者として認定された。

1990年、5歳の時に、キャプジェ・ヨンジン・リン・リンポチェ7世は、南インドのデブン僧院大学に入った。そして、10歳の時に、仏教の修行を開始した。2016年11月、ゲシェの学位を取得し、2017年4月にダラムサラのギュト密教大学に入った。これは、ゲシェの学位取得者が伝統的に行う1年間の密教の修行である。2018年2月、リンポチェはこの修行を終えた。


(翻訳:亀田浩史)

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス