ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2017年>ダライ・ラマ法王 2017年 東京来日法話 テキスト(経本)印刷に関するご寄付の受付について

ダライ・ラマ法王 2017年 東京来日法話
テキスト(経本)印刷に関するご寄付の受付について

2017年8月31日
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所
関係者各位

拝啓

晩夏の候、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。日頃よりチベット亡命政権、並びにダライ・ラマ法王日本代表部事務所(NPOチベットハウス・ジャパン)の活動に深いご理解と暖かいご支援を賜り誠に有難うございます。

来る11月10日~21日、ダライ・ラマ法王は熊本震災法要をはじめ、東京・福岡・熊本・神奈川・千葉を訪問し、法話・灌頂・講演を予定しております。東京ではダライ・ラマ法王日本代表部事務所主催により、東京両国国技館にて2017年11月11日(土)~13日(月)の日程で、ツォンカパの『縁起讃』(tendrel toepa)とカマラシーラの『修習次第(中篇)』(gomrim barpa)についての法話を2日間、最終日には『聖観自在菩薩の許可灌頂』(chenresig nyensong kundol jenang)が特別に伝授されます。

今回、東京両国国技館では初めての試みとして、6ヶ国語の同時通訳を3日間通して実施いたします。日本語・英語・中国語・韓国語・モンゴル語・ロシア語の中から同時通訳をご選択いただけます。法話に使用するテキストも6ヶ国語、全ての言語対応となっております。

ところで、この度、法話にご参加される一部の皆様より、テキスト印刷のためのご寄付を福徳としてご希望される旨のお問い合わせを頂きました。もし、皆様の中にも同様にご希望される方がおられましたら、以下の銀行口座までご寄付をお願いいたします(台湾の皆様の受付窓口は、藤澤様と陳様になっております)。

なお、今回ご寄付を頂いた皆様につきましては、後日、感謝の気持ちを込めてお名前を当事務所のホームページに掲載させて頂く予定です(公表をご希望されない方を除く)。何卒、ご支援・ご協力を宜しくお願い申し上げます。

尚、今回のダライ・ラマ法王の来日は、文化、宗教的理由であり、その他の目的はございません。日本とチベット仏教の交流を深め、より多くの皆様に法王のお言葉が届くよう願っております。御協力どうぞよろしくお願い申し上げます。

口座情報

三菱東京UFJ銀行
新宿通支店(050)
【普通口座】口座番号: 2999213
特定非営利活動法人 チベットハウス・ジャパン
(SWIPTCODE-BOTKJPJT)
Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ
Shinjuku Dori Branch, code 050(General)
Account Number: 2999213
NPO Tibet House Japan
(SWIPTCODE-BOTKJPJT)
※ 恐れ入りますが、お名前の公表をご希望されない方は下記までご連絡願います。
  • お電話の場合:03−5988−3576(ダライ・ラマ法王日本代表部事務所)
  • e-mailの場合:lohhdl@tibethouse.jp


敬具

2017年8月31日

ダライ・ラマ法王日本代表部事務所
代表 ルントック

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス