ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2017年>EUの大使がチベット自治区に

EUの大使がチベット自治区に

2017年6月26日
プレスリリース

EUの中国駐在大使ハンス・ディートマル・シュワイスガット氏とEU加盟国の中国駐在大使の一行が、チベット自治区当局の招待で6月26-30日の予定でチベット自治区(TAR)を公式訪問することになった。訪問中、大使たちはラサでTARのリーダーたちと会う予定で、TAR教育局、健康・家族計画局、発展・改革委員会、民族・宗教関連委員会の代表者たちと話し合いを持つことになっている。

ラサのほか、大使たちはチベット自治区の東部にあるニンティ市も訪問し、その地のリーダーと会談する予定。彼らはまた、地方の農民たちと農業の状況についても話し合うことになっている。

チベット自治区における会談で、大使一行はTARの宗教、教育、人権問題は勿論のこととりわけ経済・社会開発について話し合う。彼らは、教育、文化、宗教関連施設も訪れることになっている。

EU側からチベット自治区への直近の公式訪問は、EUの人権に関する特使、スターブロス・ランブリニディス氏が招待されてやってきた2013年9月だった。


(翻訳:近藤直登)

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス