ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2017年>チベット問題の解決を求め、亡命チベット代表者議会から皆様へのご協力のお願い

チベット問題の解決を求め、亡命チベット代表者議会から皆様へのご協力のお願い

2017年4月

拝啓


チベット議会代表団は過去に貴国を数回訪問いたしております。今年もチベットの深まりつつある危機を報告し、世界の様々な議会制度について見聞を広めるため、貴国を訪問いたすはこびとなりました。

チベット情勢は年々悪化を続けております。チベットの大義のために命を落としたチベット人に連帯の意を示し、遺族に追悼の意を伝えるため、去る2017年3月15日、第16代チベット亡命政権第3セッションにて、「5か条の請願」を含む「連帯決意表明」が全会一致にて採択されました。世界の国会議員と国際社会の皆様にこの決議内容へのご配慮を賜りたく存じます。

世界初のチベット支援団体は1960年代にインドで結成されました。以来、チベット支援団体に参加する団体数は世界中で増え続け、悪化するチベット情勢に懸念を表明するため、「チベットを支援する世界の国会議員会議(World Parliamentarians’ Convention on Tibet)」にて不定期に会合を開いております。

また去る2016年9月8〜10日にはベルギーのブリュッセルにて「第7回チベット支援団体国際会議」が開催されました。チベットの真実と正義に賛同される皆様は今後チベット支援団体を結成して国際会議に是非ご参加くださいますようお願い申し上げます。

私どもには時間がありません。占領からすでに数十年が経過し、チベット、そしてその独自の文化は絶滅し、書き物や博物館の世界だけのものとなってしまうおそれが大きくなっています。こうした状況に鑑み、チベット問題の解決が喫緊の課題だということをどうかご理解ください。


敬具

亡命チベット議会議長
ケンポ・ソナム・テンペル
(翻訳:吉田明子)

関連リンク

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス