ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2017年>チベット亡命政権議員が世田谷学園と護国寺を訪問

チベット亡命政権議員が世田谷学園と護国寺を訪問

2017年4月28日
東京

本日、チベット亡命政権議会の代表団は、東京都世田谷区にある世田谷学園を訪問して、日本の学校における授業カリキュラムや指導方法について学んだ。

世田谷学園(2017年4月28日)

代表団は、化学実験室、教科書、英語、瞑想、料理の授業などを視察して、教育指導の方法について教職員と意見交換をした。この世田谷学園には、ダライ・ラマ法王が2010年と2016年に訪れたことがある。

テンジン・ジャムヤン(Tenzin Jamyang)議員は、チベット亡命政権議会のメンバーであるとともに、サラクイチベット人学校の先生でもあり、チベットと日本の学校の間における教員交流プログラムの必要性について意見交換した。

同日午後、代表団は、東京都文京区にある護国寺を訪れて、岡本永司貫主と面会した。

護国寺(2017年4月28日)

代表団は、ダライ・ラマ法王およびチベット人に対する護国寺の惜しみない支援に感謝の念を表した。面会中、代表団は、チベットの現状・自然環境の重要性について、チベットの河川に真水を依存しているアジアの数十億の人々にとって重要であることを説明した。さらにチベットの言語、文化、宗教、そしてチベット人による抗議の焼身抗議による犠牲者が147名に上ることについて話した。

これに対し、護国寺の岡本貫主は、ダライ・ラマ法王による平和と寛容のメッセージが世界中で認知されていることを誇りに思うと述べ、さらに今年中にダライ・ラマ法王に護国寺を訪れてほしいとご招待の意向を述べた。

岡本貫主は、ダライ・ラマ法王による護国寺の訪問、とくに2011年東日本大震災の大津波による犠牲者のご冥福を願う祈祷について改めて感謝した。

また、岡本貫主は、チベットの状況はとても大きな関心事項であり、護国寺がチベットの人々に支援を続けていくと述べた。

護国寺(2017年4月28日)

世田谷学園(2017年4月28日)

世田谷学園(2017年4月28日)

世田谷学園(2017年4月28日)

(翻訳:行雲流水)

関連リンク

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス