ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2014年>チベット活動家、ケリー米国務長官訪中時に自宅軟禁

チベット活動家、ケリー米国務長官訪中時に自宅軟禁

(2014年7月9日)

2014年6月23日にチベット人作家ツェリン・ウーセルさんが公開した自身の写真。中国北部の内モンゴルで撮影。今回の米中会談はジョン・ケリー米国務長官を迎えて中国での開催だが、7月9日水曜、ウーセルさんは夫とともに北京で自宅軟禁下にあると語った。
(AP Photo/Wang Lixiong)


(ディディ・タン)

北京(AP通信)-北京在住のチベット人女性作家ツェリン・ウーセルさんが水曜、夫の王力雄氏とともに自宅軟禁下にあることを明かした。中国では今回の米中戦略・経済対話が開催中で、ケリー米国務長官が北京入りしている。 ウーセルさんはチベット族人権活動家。火曜の夜、夫妻が北京の自宅に戻った直後、中国治安当局者が自宅に訪れたという。当局は軟禁の理由を明かさないが、ウーセルさんは米大使館から夕食会への招待を受けており、おそらくはケリー国務長官が同席するこの夕食会に関係していると考えている。在北京米大使館は同日、これに関するコメントを控えた。

ツェリン・ウーセルさんは米政府より2013年度「国際勇気ある女性賞」の表彰を受けたが、北京当局より渡米が認められず、ワシントンでの授賞式に出席できなかった。授賞式でケリー国務長官は、チベット族の人権が侵される状況下でその状況を伝えるウーセルさんの勇気ある執筆活動を称賛した。「中国当局がチベットからの情報発信を阻止しようとしても、ツェリン・ウーセルさんはチベット人の声を世界に伝えてきた」 表彰式でのケリー国務長官のこのコメントは米国務省のホームページに掲載されている。

米大使館から水曜の夕食会への招待の電話を受けたとき、ウーセルさんは夫の王氏と北京を離れていた。夕食会の出席者の名前は告げられなかったが、ウーセルさんはケリー国務長官かもしれないと思ったという。昨年の表彰式後、ケリー氏から手紙が届いていたからだ。「もしお会いできるなら直接お礼を申し上げたかった」とウーセルさんはフェイスブック上の自身のページで述べた。「でも残念ですが自宅に軟禁されています」

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス