ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2014年>チベット焼身抗議、中国支配下で123件にのぼる

チベット焼身抗議、中国支配下で123件にのぼる

(2013年12月4日 CTA

Kunchok Tseten/File photo/Phayul

ダラムサラ:チベット人が中国圧政に抗議して焼身した後、中国政府はチベット北東部ンガバでの治安統制を強化した。チベットからの確認情報によると、そのチベット人は火傷を負ったという。

クンチョク・ツェテン(30歳)は、12月3日火曜、ンガバのメルマ町大市場で自らに火を放ち、ダライ・ラマ法王の長寿祈願とチベット帰還、チベット人の祖国での再会などを叫んだ。

目撃者によれば、焼身抗議者を拘留するために警察と治安部隊が直ちに現地に到着した。しかし地元チベット人が、当局の試みを阻止しようとしたため両者が衝突した。 警察は、クンチョクの妻及び親族を含む数名のチベット人を逮捕してから、本人を連れ去った。

すべての店舗や飲食店は閉鎖され、中国政府による一帯の治安維持強化に伴いチベット人の携帯電話は没収された。

クンチョク・ツェテンは、今夏ひとり親族に対し、中国の対チベット族非道行為に抗議するために焼身抗議するつもり旨を語っていた。その親族は、実行しないように助言していた。クンチョク・ツェテンは、マチュ郡(中国甘粛省に内地編入)チュカマ村の生まれで二児の父である。

「内地のチベット人は、ひどい圧政下で生活している。中国はチベット人の不満をあらゆる手段で取り締まり、そういった状況がチベットの焼身抗議を増長しているのである。中国指導者はチベット人の不満の原因が何かを理解する必要がある」と中央チベット亡命政権の情報国際関係局長のタシ・プンツォク氏はいう。

政治的弾圧、文化的同化政策、社会的差別、経済的排斥、環境破壊、信教の自由の欠落などが、チベット人を焼身抗議へと駆り立てる要因である。ヒューマンライツウォッチによれば、200万人もの遊牧民が、完全な同意も適切な協議もなくナチスの強制収容所のような施設に定住させられているという。弾圧政策により、最近はチベットの採掘区域においても暴動事件が生じた。この野蛮かつゆゆしき事態を終焉させる唯一の方法は、中国がチベット人を尊重し、現在のチベット強硬政策を変更することだけである。

中央チベット亡命政権はチベット人に対し、一貫して抗議としての自焼を含めた過激行為を控えるよう呼びかけてきた。焼身抗議の非も解決策も中国政府とともにある。

(翻訳:Haruka)

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス