ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2014年>米国政府は新しいチベット問題専門コーディネーターを任命

米国政府は新しいチベット問題専門コーディネーターを任命

(2014年2月21日CTA

ワシントンDC – 2014年2月20日: 本日、米国の民間人安全保障・民主主義・人権担当次官にサラ・シーワル博士が任命された。同氏の職務にはチベット問題専門コーディネーターの役割も含まれる。

同ポストへの就任前、シーワル博士はハーバード大学ケネディ行政大学院の公共政策の上級講師を務めていた。同氏にはクリントン政権下で平和維持・人道支援担当の国務副次官補を務めた経験があり、オバマ政権下の国家安全保障・外国政策準備チームの一員でもあった。シーワル博士はハーバード大学のカー(Carr)人権政策センターのセンター長でもあり、ハーバード大学とオックスフォード大学の卒業生であり、ローズ奨学生でもある。

ロブサン・センゲ主席はシーワル博士の次官兼チベット問題専門コーディネーターへの就任を歓迎し、「シーワル博士は人権問題に深い知識と情熱を持つ人物であり、非常に強力な次官そしてチベット問題専門コーディネーターになるだろう。彼女の任命と承認についてケリー国務長官と米国上院に感謝の意を伝えたい。彼女に会って一緒に仕事をすることを楽しみにしている」、と述べた。

シーワル博士は5代目のチベット問題専門コーディネーター。過去にはマリア・オテロ、パウラ・ドブリアンスキー、ジュリア・タフト、グレゴリー・クレイグといった人物がこのポストを務めた。

2002年制定のチベット政策法に規定されるチベット問題専門コーディネーターの責務の枠組みの中で、シーワル次官はダライ・ラマ法王とその代表団と中国政府の間の対話促進に取り組むほか、米国政府によるチベット関連の政策、プログラム、プロジェクトの調整を行う。

(翻訳:吉田 明子)

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス