ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2013年>チベット人 自作の歌で逮捕、実刑判決

チベット人 自作の歌で逮捕、実刑判決

(2013年6月13日)

【ダラムサラ】中国警察は昨年、ダライ・ラマ法王、パンチェン・ラマ、ロブサン・センゲ首相、またチベットで相次ぐ焼身自殺をテーマとした曲を作り歌ったとして、チベット北東部アバ、メウルマ出身のチベット人歌手2名を逮捕した。
ペマ・ティンレー(22)とチャクドル(32)は、当初「開いた傷口の耐え難い痛み」というアルバムを出したことで2012年7月に逮捕され、アバ郡刑務所に6ヶ月間拘留された。その間、裁判は一度も行われなかった。その後、2013年2月に2年の実刑判決を受け、四川省明陽郡刑務所に収容された。

中国当局は、判決についてそれぞれの家族へ伝えた。家族は、ふたりとの面会を繰り返し求めているが当局は拒否している。明陽郡刑務所当局はまた、収容について認めていないため、家族はふたりの行方や健康状態について心配をつのらせている。
チャクドルは中国政府の抑圧的政策に抗議して2012年8月に焼身自殺を図ったチュパと近縁でもある。

チベット人歌手 チャクドルの歌 「これが現実」からの抜粋

豊かな資源は
破壊され食い物にされ
土地は強奪され資源をむしりとられる
そんなことこれっぽっちも望んでいないのに

賢明な先祖が残してくれた遺産
古代から伝わる10の知恵
すべて根こそぎ抹殺された
そんなことこれっぽっちも望んでいないのに

連なる山々に降り積もる雪
チベットを愛する若き勇者
容赦なく無慈悲に命を絶たれる
そんなことこれっぽっちも望んでいないのに

ダライ・ラマ14世テンジン・ギャツォ
雪山(チベット)の生き仏
亡命を余儀なくされ
なんと悲惨な宿命か

ペマ・ティンレーの歌 「痛ましい声」(チベット語タイトル: Me-Ngag)からの抜粋

国外へ追放されたダライ・ラマ法王
チベット人は孤児となり中国政府の抑圧による苦しみは筆舌に尽くし難く
しかもその苦しみを口にはできない

雪の国チベットの殉教者たち
自らを犠牲にし
苦しみの炎を燃え上がらせる
それなのに、耐え難いほどの痛みの声は耳に届かない

ペマ・ティンレー

チャクドル

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス