ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2013年>世論調査: 最も好感の持てる指導者にダライ・ラマ法王とオバマ大統領

世論調査: 最も好感の持てる指導者にダライ・ラマ法王とオバマ大統領

(2013年5月30日 CTA

His Holiness the Dalai Lama with US President Barack Obama/File photo/CNN

ダラムサラ: 世界的大手オンライン調査会社によると、チベットの精神的指導者ダライ・ラマ法王とアメリカのオバマ大統領が、アメリカとヨーロッパ5カ国において最も好感の持てる指導者という調査結果が出た。

フランシスコ法王が、両者に次いで高評価を得た指導者だった。

5月8日から15日にかけてハリス・インタラクティブ市場調査会社が、フランス、ドイツ、イギリス、スペインで16歳以上、イタリア、アメリカで18歳以上の計7,245人を対象にオンライン調査を行った。

6カ国における回答者の平均78%が、オバマ大統領とダライ・ラマ法王両者に好感を持てると答えた。

詳細を見ると、米64%、仏81%、伊86%、西85%、独79%、英70%の回答者がダライ・ラマ法王に好感が持てると回答した。

オバマ大統領に関しては、アメリカでの好感度が最も低く、51%にとどまり、ヨーロッパでの好感度の方がより高い結果となった(伊87%、仏87%、西80%、独83%、英79%)。

また、同調査では6カ国で4%の回答者が金正恩第1書記に好感を持てると回答したほか、6%がイランのアフマディネジャド大統領、14%が中国の習近平国家主席、19%がロシアのプーチン大統領に好感が持てると回答した。

(翻訳:TY)

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス