ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2012年>世界のチベット学界から習近平国家主席への訴え

世界のチベット学界から習近平国家主席への訴え

(2012年11月25日 CTA

チベット学界は、チベット自治区および近隣省チベット自治州においてチベット語がおかれた現状を憂い、2013年3月に新たに中華人民共和国主席の任に就かれる閣下に対し、私たちが深く案じている旨をお伝えします。
この数十年間でチベット民族居住地域に多くの学校が設立されたことは私たちも存じており、喜ばしいことだと思っています。子どもたちが自身の言語で教育を受けられることの素晴らしさも理解しています。

しかしこの数年、チベット語圏で指導用言語としてのチベット語の使用が禁止あるいは大幅に制限されるといった新たな政策が中国当局によって導入されてきました。教育現場の指導言語としてチベット語に代わり中国語を使用する、という2010年の青海省の通達、2012年3月のレプコン(中国名 同仁)の例に見られる、チベット語教科書の廃止と中国語教科書の導入といった政策です。世界的な調査だけでなく中国の正式な統計によってアカデミックな教科に関しては自身の言語で学ぶほうがより成果が上がることが明らかになっているにも拘らず、このような政策が施行されているのです。

チベット自治区では上記のような政策が実施されてすでに数年が経過しており、その結果がはっきりと現れています。つまり、将来重要な役職に就くだろう学生たちも、自身の言語そして文化に関しては表面的な知識しか持ち合わせないのです。

青海省のチベット人は、『青海省、中・長期教育改革および開発大綱(2010−2020)』で正式に示された新たな言語政策への反対意思を、平和的な抗議行動や署名活動、書簡を通じてこれまで度々表明してきました。固有の言語を教育現場の授業やコミュニケーションの手段として使い続けたいという強い希望を彼らは明示してきたのです。しかしそれは彼らが中国語を学ぶことを拒否しているということではありません。中国語の経済・文化面における価値については広く理解されています。彼らの要望は、『各民族は全て自身の言語・文字を使用・発展させる自由を有し、全て自身の風俗習慣を保持あるいは改革する自由を有する』と規定した中華人民共和国憲法第4条に照らし合わせても正当なものです。2002年の制令では、チベット語はチベット自治区の公用語とされていますが、実際は常にそのステータスに見合う扱いを受けているわけではないようです。

この数年の間に、何十人ものチベット人が年齢や性別、宗教の有無に関わらず焼身抗議を行ってきました。その何人かはチベット固有の言語と文化の尊重を要求するスローガンを叫んでいます。

人類の宝の一つであり、中国政府がその責を負うと明言するチベット文明の存続を脅かす政策に関して、チベットの言語・文化・宗教の専門家として私たちが懸念を抱いていることをこの書簡を通じて閣下にお伝えしたいと思います。中国においてチベット語は、中国語に次いで最も古い、使用され続けてきた言語の一つであり、インド・ヨーロッバ語族のように何百もの諸言語が属する言語学上の分類単位である古代シナ・チベット語族の理解と再編成の一助になることも再認識していただきたいと思います。

私たちは大学や他の高等教育機関において、専門的かつ学術的な目的のために研究を続けてきました。世界各国の大学でチベット語が教えられ研究される機会が増える昨今、チベット自治区および他のチベット民族自治区域ではチベット固有の言語が置き去りにされ価値を失いつつあるのを、チベット文明の真価を知る者として私たちは残念に思います。自らの文化が失われることを当然のことながら危惧するチベット民族の要請に対する政府当局の対応は、現状を深く憂う彼らの気持ちに応えるものではありません。

新たな国家指導者を迎えるこの機会に、中国人民であるチベット民族の願いに閣下が配慮してくださいますことを希望しつつ、現在の危機的状況を平和的に解決し、チベットの言語と文化の繁栄を導く方法を見つけるべく、チベット民族とともに尽力していただけるようお願いいたします。多民族国家、中国人民共和国の憲法に常に謳われてきた原則を適用すれば、チベットの言語・文化が中国の言語・文化と対立することなく共存することは不可能ではないはずです。

署名

1 Katia Buffetrille
[France] Paris, E´cole pratique des Hautes E´tudes
Nov 17, 2012, 15:39

2 Elliot Sperling
[United States] Bloomington, Indiana University
Nov 17, 2012, 15:45

3 Francoise Robin
[France] Paris, Institut des langues et civilisations orientales
Nov 17, 2012, 15:45

4 Jean-Luc Achard
[France] Paris, Centre national de la recherche scientifique
Nov 17, 2012, 15:46

5 gedun rabsal
[United States] Bloomington, Indiana University
Nov 17, 2012, 16:04

6 Amy Heller
[Switzerland] Nyon, SOAS/ CNRS
Nov 17, 2012, 16:28

7 Nicolas Tournadre
[France] Aix-en-Provence, Aix-Marseille
Nov 17, 2012, 17:05

8 The signatory decided not to show his/her name on the Internet.

9 Mireille Helffer
[France] Paris, CNRS
Nov 17, 2012, 17:31

10 Mona Schrempf
[Germany] Berlin, Humboldt University Berlin
Nov 17, 2012,

11 Thierry Dodin
[Germany] Bonn, University Bonn
Nov 17, 2012,

12 Carole McGranahan
[United States] Boulder, University of Colorado
Nov 17, 2012, 17:36

13 pascale dollfus
[France] paris, CNRS Paris
Nov 17, 2012,

14 Anne-Marie Blondeau
[France] Paris, EPHE
Nov 17, 2012,

15 Daniel Berounsky
[Czech Republic] Prague, Charles University
Nov 17, 2012

16 Cameron Warner
[Denmark] Aarhus, Assistant Professor
Nov 17, 2012

17 Nicolas Sihle´
[France] Villejuif, Centre national de la recherche scientifique Nov 17, 2012

18 philippe cornu
[France] Les Lilas, UCL, INALCO
Nov 17, 2012

19 The signatory decided not to show his/her name on the Internet.

20 Gray Tuttle
[United States] New York, Columbia University
Nov 18, 2012

21 francoise Pommaret
[France] Paris, cnrs
Nov 18, 2012

22 Georges Dreyfus
[United States] Williamstown, Williamstown
Nov 18, 2012

23 Gareth Sparham
[United States] Walnut Creek, University of California
Nov 18, 2012

24 Klaus-Dieter Mathes
[Austria] Vienna, University of Vienna
Nov 18, 2012

25 Roberto Vitali
[India] Dharamsala, independent
Nov 18, 2012

26 Per Kvaerne
[Norway] Oslo
Nov 18, 2012

27 Helmut Tauscher
[Austria] Vienna, University of Vienna
Nov 18, 2012

28 Fiona McConnell
[United Kingdom] London, University of Cambridge
Nov 18, 2012

29 Robert Barnett
[United States] New York, Columbia university
Nov 18, 2012

30 Fiona McConnell
[United Kingdom] London, University of Cambridge
Nov 18, 2012

31 Sonam Dugdak
[United Kingdom] London, SOAS
Nov 18, 2012

32 Martin Mills
[United Kingdom] Aberdeen, University of Aberdeen
Nov 18, 2012

33 The signatory decided not to show his/her name on the Internet.

34 Dominique Townsend
[United States] New York
Nov 18, 2012

35 Mary Prude
[United States] Fort Atkinson, UW-Whitewater
Nov 18, 2012

36 Sienna Craig
[U.S. Miscellaneous P] Hanover, NH, Dartmouth College
Nov 18, 2012

37 Charlene Makley
[United States] Portland, Reed College
Nov 18, 2012

38 Gillian Tan
[Australia] Melbourne, Deakin University
Nov 18, 2012

39 Maho Iuchi
[United States] Cambridge
Nov 19, 2012

40 Yangdon Dhondup
[United Kingdom] London, SOAS
Nov 19, 2012

41 Heather Stoddard
[United Kingdom] Oxford, INALCO, Paris, France; Oriental Institute, Oxford, UK
Nov 19, 2012

42 George FitzHerbert
[United Kingdom] Oxford, Oxford University
Nov 19, 2012

43 Agata Bareja-Starzynska
[Poland] Warsaw, University of Warsaw
Nov 19, 2012

44 Tsering Shakya
[Canada] Vancouver, University of British Columbia
Nov 19, 2012

45 Tashi Tsering
[Canada] Calgary, University of British Columbia
Nov 19, 2012

46 Markus Viehbeck
[Germany] Heidelberg, Heidelberg University
Nov 19, 2012

47 Emily Yeh
[United States] Boulder, University of Colorado
Nov 20, 2012

48 Samten Karmay
[France] Fontenay-aux-Roses, CNRS
Nov 20, 2012

49 Robert Mayer
[United Kingdom] Oxford, Oxford University
Nov 20, 2012

50 Isabelle Henrion-Dourcy
[Canada] Montreal, U. Laval
Nov 20, 2012

51 Tibor Porcio
[Hungary] Szeged, University of Szeged
Nov 20, 2012

52 Dr Cathy Cantwell
[United Kingdom] Canterbury, University of Oxford
Nov 20, 2012

53 Alex McKay
[Australia] Gloucester, London University (retired)
Nov 20, 2012

54 Benjamin Bogin
[United States] Washington, DC, Georgetown University
Nov 21, 2012

55 Petra Maurer
[France] Zorneding, LMU
Nov 21, 2012

56 Michela Clemente
[Italy] Rome
Nov 22, 2012

57 Bruno Laine´
[Austria] Vienna, Uni Wien
Nov 22, 2012

(翻訳:中村高子)

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス