ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2012年>またもや中国による弾圧的統治に抗議した、チベット人1人が焼身自殺を図る

またもや中国による弾圧的統治に抗議した、チベット人1人が焼身自殺を図る

(2012年10月22日)

ダラムサラ:チベット東北地方にある甘粛省甘南チベット族自治州ラプランで焼身自殺を図ったラモ・キャプ氏に続き、その2日後に、ラプラン僧院付近で10月22日の朝、チベット人男性ドンドップ氏が焼身自殺を図った。

ドンドップ氏は50代男性で、自身に火をつけた直後その場で死亡した。
この事件の写真からは彼が激しい炎に包まれ、体が完全に焼け焦げた状態が見て取れる。事件の目撃者によれば、中国警察部隊がドンドップ氏の遺体を運ぼうとした為、現地チベット人が阻止したとのこと。

現在チベットではダライ・ラマ法王のチベット帰還と、チベット人への自由の権利を求め、2009年からすでに57人もの焼身自殺が起きている。











(翻訳:岩澤 美雪)

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス