ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2012年>チベット人がまたも焼身自殺

チベット人がまたも焼身自殺

(2012年8月7日 CTA)

Lobsang Tsultrim/File photo

【ダラムサラ】チベットからの情報によると、6日、チベット北東部のアバで、キルティ僧院のチベット人僧侶が焼身自殺を図った。

ロブサン・ツルティム(21)は午後5時5分ごろ、アバの通りでダライラマ法王のチベット帰還を求めるスローガンを叫びながら自らに火を放った。武装した特殊警察が火を消そうとしてロブサンを押し倒し、町の病院へ運び込んだ。ロブサンは30分ほど病院に収容されていたが、その後連れ去られ、居場所はわかっていない。

目撃者の話では、ロブサンは現場で死亡しておらず、火を放った際にスローガンなども聞こえなかったとのこと。

ロブサンは幼少の頃にキルティ僧院に入門。2008年に、キルティ僧院で中国治安部隊により逮捕され殴打された僧侶のひとりだった。

中央チベット政権は、チベット人を焼身自殺に追いこんでいる根本的な原因に対処するよう繰り返し中国政府に要請している。チベットでは2009年以降、ダライラマ法王の帰還およびチベットの自由を求め、45人のチベット人が焼身自殺を図っている。

 

(翻訳:パドマサマディ)

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス