ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2012年>チベット議会、米国上院議会のチベット6か条決議に謝意を表明

チベット議会、米国上院議会のチベット6か条決議に謝意を表明

(2012年4月11日 CTA)

ダラムサラ:チベット亡命議会は、米国上院議会に対し、チベット人による悲劇的焼身自殺が続発していることについて、当議会が先月満場一致で決議案を通過させたことについて、深い謝意を表明した。

6か条の決議案は、ダイアン・ファインスタイン及びジョセフ・リーバーマン上院議員によって提出され、焼身したチベット人たちの死を悼み、チベット人を標的にした抑圧的政策を歎くものであった。

決議案は、中国政府に対し、宗教の規制を止め、チベットで行われている宗教上・治安上の政策を見直し、ダライ・ラマ法王を含むチベット仏教指導者との対話を再開するよう、求めている。

決議案は、中国政府に対し、恣意的に勾留されたすべての者を解放し、平和的抗議者への脅迫・嫌がらせ・抑留を止め、ジャーナリスト・他国外交官・国際機関がチベットへ制限なく立入ることを認めるよう、促している。

決議案は、法王が、自らの政治的権力を民主主義制度の手に委ねる決断をしたことを称賛した。

当案は、亡命中のチベット人が 2011年3月20日に、自由公正で国際的選挙慣習にも合致する、複数候補による競争選挙を行ったことを、祝している。

案は、米国民とチベット人との、揺らぐことなき友情を再確認している。

案は、マルコ・ルビオ上(R-Fla)、バーバラ・ボクサー(D-Calif.)、ディック・ダービン(D-Ill)、ジョン・マケイン(R-Ariz.)、ジム・ウェッブ(D-Va.)、マーク・ユダール(D-Colo.)、ベン・カーディン (D-Md.)、パトリック・リーイ(D-Vt.)、ロバート・メネンデス(D-N.J.)、及びトム・ユダール(D-N.M.)上院議員によって、共同提起された。

チベット議会は、自身の2012年4月4日付ダイアン・ファインスタインほか上院議員宛の信書の中で、次のように述べている。

「我々は、ダイアン・ファインスタイン、ジョセフ・リーバーマン、その他の上院議員らが、チベットにおける抑圧を終結させるための6か条決議案の通過のために行った尽力に、深い感謝と報恩の意を表明する。」

「この決議案は、中国政府がチベットにおいて抑圧的政策をおこなっていることを明らかにするものであり、我々は、当案がチベット問題解決に寄与することを希望するものである。」

「我々は、米国上院議会の不動の支援に対し深い謝意を持ち続けるものである。」

(翻訳:Haruka.T)

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス