ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2012年>カンボジア国会議員、胡錦濤国家主席にチベットとの対話を求める

カンボジア国会議員、胡錦濤国家主席にチベットとの対話を求める

(2012年3月29日 CTA)

AMSTERDAM: カンボジア国会議員ソン・チャイ氏は、3月30日から4月2日にかけカンボジア訪問を予定している胡錦濤国家主席に対し、公開書簡にてチベット問題解決のための話し合いを求めた。

3月26日付の当書簡にてチャイ氏は「中国の組織ぐるみによるチベット人弾圧を無視する事はできない。チベット人は穏やかで平和を愛す人々であり、チベットの文化と生活様式を守れる程度の自治権のみを求めている。これは決して無理な要求では無い事は確かである。胡 錦濤国家主席、どうかあなたの権限でこれ以上の人権侵害に終止符を打って頂きたい。そして当問題解決のためにもチベット亡命政権と和解すべく、一日でも早くダライラマと話し合いを行ってほしい」と述べている。

当書簡ではチベットの現状について述べられている一方、カンボジアに影響を与える中国政策についても多くの懸念点も挙げている。「とりわけチベットにおける最近の状況は、多くのチベット人 を焼身自殺へおいこんでおり、その数は2009年2月以降で30名と確認されている。首席よ、これはチベットの苦境と宗教の自由について世界の注目を得るための彼らの最後のあがきである、この中にはまだ18歳の青年もいたのだ」

チャイ氏は、2010年9月2日、南インド・バイラクッペにあるセラ寺院で開かれたチベット民主改革50周年祭に参加した議員の一人である。

(翻訳:H.Fujita)

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス