ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2011年>甘孜(カンゼ)のチベット人が刑務所内での激しい拷問が原因で死亡

甘孜(カンゼ)のチベット人が刑務所内での激しい拷問が原因で死亡

(2011年8月12日)

2011年8月10日、チベット人元政治犯ティンレが亡くなった。刑務所での激しい拷問による肉体および精神疾患が原因であった。

ティンレは2009年4月、友人とともに甘孜(カンゼ)で「チベットに自由を!」と叫び、抗議活動を行いながらチラシを配っていた。ティンレは逮捕後、7か月間甘孜留置所に身を置かれた。この間、ティンレは拷問を受け、激しく殴られた結果、頭にひどい傷を負い、精神的にも不安定な状況となった。ティンレは釈放されてから亡くなるまでもこれらの疾患に苦しんでいた。家族はティンレを様々な病院へ連れて行ったが、すべて無駄であった。医師は、ティンレの頭の傷は深刻で、完全に治療はできないと述べた。このため、ティンレは自宅で家族から世話を受けていた。そして、今月10日、自宅で息を引き取った。

25歳前後と思われるティンレは、甘孜郡ビリ・セルカー村で生まれた。母はリンチェン・ドルマ、父はルブムである。2人の間には4人の子供がいた。

TCHRDはチベット人の同胞が不幸な死を遂げたことを悲しんだ。TCHRDは中国当局の手の中にある多くのチベット人政治犯の健康状態、治療の状況について大いに懸念している。

(翻訳:亀田浩史)

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス