ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2011年>チベット人の少年3人が甘孜(カンゼ)で逮捕される

チベット人の少年3人が甘孜(カンゼ)で逮捕される

(2011年8月5日)

2011年7月10日現地時間午後4時頃、甘孜(カンゼ)の市場で、ロブサン・プンツォク、サムペル、ロブサン・ルントゥプという3人の少年が逮捕された。3人は、「チベットに自由を!」、「ダライ・ラマ法王に長寿を!」、「ダライ・ラマ法王のチベットへの帰還を!」、「すべてのチベット人が早く1つになれるように!」というスローガンを叫び、チラシを配っていた。その後、甘孜郡公安局の警察が現場に急行し、3人は激しく殴られ、逮捕された。

3人の少年はいずれも甘孜郡の出身であり、ロブサン・プンツォクはダルギェ・リンゴ村、サムペルはロナ村、ロブサン・ルントゥプはノルジン村の生まれだ。ロブサン・プンツォクが17歳であることもわかっている。3人は同世代と見られ、ダルギェ・リンゴ村の有名な学校の生徒と推測される。

現在のところ、3人の少年のその後の状況についてはまったく情報がない。

TCHRDは、甘孜当局の少年への対応を懸念している。特に、逮捕後に暴力行為がないかを心配している。

(翻訳:亀田浩史)

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス