ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2011年>米国大使、チベット難民受入施設を設立

米国大使、チベット難民受入施設を設立

(2011年2月24日 ニューデリー)

在インド米国大使ティモシー・J.ローマー氏は、避難民のための受入施設を設立するために2月23日〜24日、ダラムサラを訪問した。
ローマー大使は特別名誉ゲストとして迎えられ、500名収容可能なその施設は、総工費140万ドルのうち60%がアメリカ政府からの支援によって新設される。

ローマー大使は、
「インドは、数十年にわたってチベット難民に対し惜しみない支援と手厚いもてなしをしたよい見本です。私たちはアメリカがこの重要な尽力に貢献できることをうれしく思います。」と述べた。

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス