ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2010年>中国語強制に対するチベット人学生の抗議について

中国語強制に対するチベット人学生の抗議について
An Appeal Tibetan Students Protest Over Chinese Language Imposition

(2010年11月2日 ダライ・ラマ法王日本代表部事務所
(2010年11月16日 邦訳追記))

チベット人学校における教育言語をチベット語から中国語に変更せよという中国共産主義政府の政策は、いかに共産主義指導部が、チベットの文化や宗教を根絶しようと必死になっているかを示している。50年にわたる拷問や教化でチベット人独自のアイデンティティと自由の精神を押さえつけることに失敗すると、中国は、チベットの文化的アイデンティティの源であるチベット語を根絶するという政策をとった。

2008年3月にチベット中で起きた騒乱は、中国の支配下でチベット人は全く幸せでないことを世界に示した。人々の嘆きに耳を傾け、不満を解決しようとする代わりに、中国は残酷にデモを抑圧し、多くの人々を殺し、投獄した。今日もまだ、チベットは戒厳令下におかれている。

この言語政策の背後にある目的は、人々と地域を完全にコントロールするために、チベットを中国化することである。この言語政策によって、チベット人は永遠に中国の言語と文化に依存することになる。若いチベット人たちは、彼らの母国語から切り離されてしまう。多くのチベット人が職を失うことになる。そして、中国系移民の洪水が流れ込む巨大な門を新たに開き、すでにチベット人が追いやられているところへ、さらなる人口の不均衡を引き起こすことになる。チベットを漢民族優位の地域にすることで、共産主義指導部はチベットの「解放」という究極の夢の実現を計画している。

チベットは、豊かな歴史と宗教文化を持つ、世界の古代文明の一つである。チベット語はチベットだけなく、ヒマラヤ地域周辺で使用されている。この言語は、仏教を豊かで純粋に生き生きと保ってきた。チベット語の破壊は、世界文明にとって大きな損失となり、次の世代や歴史は、この人道に反する残酷な犯罪を犯した中国共産主義指導部を許すことはないだろう。

中国共産主義政府が行っていることは、民族固有の口語と文字の自由は護られるという、自国の憲法第4条に反している。

我々は、このチベット語を殺す悪質な政策の施行を慎むよう中国の指導部に促すべく、世界中の政府と人々に訴えるものである。

ダライ・ラマ法王日本代表部事務所
日本・東アジア代表 ラクパ・ツォコ

(翻訳:熊谷恵雲)

Chinese communist government's policy to replace Tibetan by Chinese language as medium of instruction in Tibetan schools indicates how desperate the communist leaderships are to eradicate Tibetan culture and religion. When the fifty years of torture and indoctrination failed to subdue the Tibetan spirit of distinct identity and freedom, Chinese adopted this policy to cut the very root of Tibetan cultural identity, Tibetan language.

March 2008 uprising throughout Tibet has shown to the world that the Tibetans are not at all happy under the Chinese rule. Now, instead of listening to the people's grievances and trying to solve the discontentment, China brutally suppressed the demonstration, killed and took many in prison. Even today Tibet is under the state of martial law.

Objective behind this language policy is sinicization of Tibet to gain full control over the people and the region. This language policy will make Tibetans forever dependent on Chinese language and culture. Young Tibetan will be cut off from the language, which is their mother tongue. Many Tibetans will be rendered jobless. It will open another huge gate for floods of Chinese immigrants, thus causing further demographic imbalance where Tibetans are already marginalized. By making Tibet a Han-majority region, communist leadership plans to fulfill their ultimate dream of liberation of Tibet!

Tibet is one of the world's ancient civilizations with rich history and religious culture. Tibetan language is not only used in Tibet, but around the Himalayan regions. It is the language that has kept the Buddhism rich, pure and living. Destruction of this language will be great loss to the world civilization, coming generation and history will never forgive the Chinese communist leadership for this cruel crime against humanity.

What the Chinese communist government is doing is violating its own constitution's Article 4 wherein freedom of ethnic spoken and written language is enshrined.

We appeal the governments and people around the world to urge the Chinese leadership to refrain from implementing this sinister policy to kill Tibetan language.

October 31, 2010

Lhakpa Tshoko
Representative

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス