ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2010年>ハンガリー・ブダペスト市、ダライ・ラマ法王に名誉市民賞を授与

ハンガリー・ブダペスト市、ダライ・ラマ法王に名誉市民賞を授与

(2010年9月20日(ハンガリー、ブダペスト))

ハンガリー・ブダペスト市のガーボル・デムスキー市長は、去る土曜日に市庁舎で行われた祝典で、ダライ・ラマ法王に名誉市民賞を授与した。 

写真

祝典のなかで、「チベット民族の指導者として文化的・宗教的伝統を保護育成し、また、平和と非暴力に尽力したことにより、第十四代ダライ・ラマ、テンジン・ギャツォに、ブダペスト市の名誉市民の称号を授与する」と宣誓された。

ダライ・ラマ法王は答礼の辞において、これを謹んで受けるとともに、初の英蔵辞書を編纂、刊行したのはハンガリーの学者で、チベット学の先駆者であるアレクサンダー・ケレシュ・ジョーマであることに言及し、ハンガリーでこうした賞をいただくことには特別の意義を感じる、と述べた。

また、法王は今回のハンガリー訪問中に、ブダペスト・スポーツ・アリーナで11,000人あまりの観衆を前に、チベット仏教についての法話を行った。観衆に加え、74カ国、8,000人の人々が、インターネットを通じてこの法話に参加した。

写真

法王は、午前中は、チベット仏教の基本について詳しく説明し、午後は、観衆からの質問に答えた。

ある質問に答えて、法王は、われわれの破壊的な感情を変質させていくことはとても重要だ、と述べた。2000年前も今も、人間の感情は変わらないものだから、いにしえの教えは今も有効であり、これから数千年たった後も、有効であり続けるだろう、と述べた。70億人の人類は全て、怒り、貪欲、愛、親切な心といった感情を持っている。そして、誰もが幸せを必要としている、と述べた。

ダライ・ラマ法王は、仏教の本質は、限りなく、他者を思いやる気持ちである、と述べた。

法話第一日目を終えると、ダライ・ラマ法王はガーボル・デムスキ市長の待つブダペストの市庁舎へと向かった。

(翻訳:吉田明子)

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス