ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2010年>「チンギス・ハーンとモンゴルの至宝展」に関して日本の皆様へのお願い

「チンギス・ハーンとモンゴルの至宝展」に関して日本の皆様へのお願い

(2010年3月19日 ダライ・ラマ法王日本代表部事務所)

日本の主要都市で開催されたチベット展「聖地チベット〜ポタラ宮と天空の至宝〜」は、数多くの抗議があるにもかかわらず、今でも大阪で開催中であり、次は仙台で開催されることになっています。これに気を良くした中国政府は、江戸東京博物館でモンゴル展「チンギス・ハーンとモンゴルの至宝展」の開催を行うことになりました。

チベットやモンゴルの人々が虐げられ、文化的・宗教的自由が否定されている中、これらの展示会を行うことで、中国政府は、日本国民を欺き、中国政府がチベット文化とモンゴル文化の善意の保護者であると信じさせようとしています。これはチベット人、モンゴル人そして平和を愛する日本人に対する大きな屈辱です。

残念なことは、これが日本で起こっていることであり、また日本企業とメディアの協力のもとで行われていることです。日本は力のある独立国であり、アジアで弾圧されている人々は、アジアにおける平和と正義の実現に日本のリーダーシップを期待しています。

チベット、モンゴルおよびウイグルに関するいかなる展示も歓迎するとはいえ、主催者には、これらの地域の正しい歴史と現状を展示することを要請します。また、日本の企業とメディアには共産主義のプロパガンダの道具にならないようお願いいたします。日本企業とメディアが共産主義のプロパガンダになることは、中国および日本にとって、さらには、アジア、世界平和にとって好ましくないことです。

注目すべき点は、モンゴル帝国がアジアを支配していた間、中国とチベットは共に元朝の名の下に1240年から1368年頃モンゴル帝国の影響を受けたということです。チベット仏教の指導者が交戦中のモンゴル帝国の皇帝たちにダルマラジャ(宗教上の王)となるよう影響を与えたのはこの頃で、中国がモンゴル帝国支配下から解放される18年前の1350年に、チベットはモンゴルから独立しました。これらの歴史的事実が展示会ではどのように表現されているのかみてみましょう。

自由の国、日本の皆様および報道関係の皆様には、双方の話を聞き、中国のプロパガンダに惑わされることなく、真実と正義と人間性を支持するようお願いいたします。

ありがとうございました。

ダライ・ラマ法王日本代表部事務所
代表:ラクパ・ツォコ

AN APPEAL
To the People of Japan

3/19/10

Despite numerous protests against exhibition titled, "Tibet - Treasures from the Roof of World" in major Japanese cities, the Exhibition is still going on in Osaka, and the next venue is Sendai. This has emboldened Chinese communist government to come up with an exhibition on Mongol, "The Legend of Genghis Khan & the Magnificent Mongol Empire" in Tokyo at Edo-Tokyo Museum.

This is a great insult to Tibetans and Mongolians, and freedom loving people of Japan, while the people in these two regions are oppressed and denied of their cultural and religious freedom, the Chinese government is conducting these exhibitions to mislead the Japanese people into believing that they are the benevolent guardians of Tibetan and Mongolian culture. This is their hideous plan to justify their oppressive and colonial rule in the regions.

Unfortunate thing is that this is happening in Japan, that too with the collaboration with Japanese business and media entities. Japan being a strong independent nation, oppressed people in Asia look forward to Japanese leadership in delivering peace and justice in Asia. Collaborating with tyrannical regime does not become of Japanese intellectual and business society.

While we welcome any exhibitions on Tibet, Mongol and Uighur, we urge the organizers to exhibit the true history and current situation in the regions. I request the Japanese business and media entities not to become a tool of Communist propaganda. This is not good for China, Japan, for Asia and for world peace, for that matter.

It must be noted that during the Mongol supremacy in Asia, both China and Tibet came under Mongol influence around 1240-1368 in the name of Yuan dynasty. It was during this time the Tibetan Buddhist masters influenced the belligerent Mongol Kings into Dharma Raja, Religious Kings and Tibet became independent from Mongol in 1350, eighteen years before China was to become free from Mongol rule. Let us see how these historical facts are presented in the exhibition.

I request the people in this free country and media people to hear the both sides of the stories, and support the truth, justice and humanity, not to get deceived by Chinese propaganda.

Thanking you

Lhakpa Tshoko
Representative of His Holiness the Dalai Lama for Japan & East Asia

(翻訳:濱口祐子)

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス