ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2009年>ダライラマ法王 第5回チベットに関する世界議員大会における演説のためイタリアに到着

ダライラマ法王 第5回チベットに関する世界議員大会における演説のためイタリアに到着

(2009年11月17日)

(ボルツァーノ)ダライラマ法王はイタリア南チロルに到着、11月18日ローマで行われる第5回チベットに関する世界議員大会にて演説を行う予定である。

ダライラマ法王はイタリア南チロル自治州ボルツァーノに今朝、到着された。南チロルのルイス・ドゥルンバルダ−県知事がボルツァーノ空港でダライラマ法王を出迎えた。到着したホテルではイタリア人、チベット人が集まり、ダライラマ法王を歓迎した。

ダライラマ法王は明朝にはルイス・ドゥルンバルダ−県知事、及び南チロル行政全体と会見、午後にはトレント自治県へ向かう予定である。トレントのロレンツォ・デッライ県知事は法王に敬意を表し、昼食会を主宰する。

ダライラマ法王はトレントにて地方自治、文化的アイデンティティー、多国間の融和に関する会議でチベットの比較経験について演説を行われる。ルイス・ドゥルンバルダ−県知事、ロレンツォ・デッライ県知事も同会議で演説を行う予定である。同会議はトロント大学法律学部およびボルツァーノのヨーロピアンアカデミーの協力を得て、トレント自治県が開催するものである。

ダライラマ法王は北イタリアの自治地域である南チロルおよびトレント地域政府に招待されたものである。11月17日夕方に、ダライラマ法王はローマに向かう。

ローマにおいて、ダライラマ法王は11月18日に行われる第5回チベットに関する世界議会大会で演説を行われる予定である。28カ国から100名を超える議員がこの重要な大会に出席する。この2日間にわたる大会は、イタリア議会のチベットに関するインターグループにより、イタリア下院で行われる。

国会にてジャンフランコ・フィーニ下院議長がダライラマ法王を歓迎、フィーニ下院議長、およびジャンニ・アレマンノ・ローマ市長も同大会にて演説を行う予定である。

第1回チベットに関する世界議員大会は1994年ニューデリーで開催され、以後ヴィルニアス(リトアニア)、ワシントンDC(アメリカ)、エジンバラ(イギリス)で行われた。

ダライラマ法王の前回のローマ訪問中の2009年2月9日に、ジャンニ・アレマンノ市長は法王にローマ名誉市民の称号を授与した。

ダライラマ法王は11月19日にインドに戻る予定である。

(翻訳:嘉村)

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス