ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2009年>「聖地チベット 〜ポタラ宮と天空の至宝〜」展に関して日本の皆様へのお願い

「聖地チベット 〜ポタラ宮と天空の至宝〜」展に関して
 日本の皆様へのお願い

(2009年9月28日 ダライ・ラマ法王日本代表部事務所)

ご承知の通り、日本で「聖地チベット 〜ポタラ宮と天空の至宝〜」と題したチベット展が巡回され、現在、東京・上野で開催中です。チベットに関するいかなる展覧会も歓迎すべきなのですが、残念ながら今回の展覧会は、チベットとその歴史の真の姿を伝えてはいないということをお伝えせねばなりません。

世界中でよく知られているように、1949年に中国共産党軍がチベットに侵攻して以来、平和的で信仰心厚いチベット人たちは、はなはだしい苦しみや虐待にさらされています。その結果、約120万人のチベット人が亡くなり、6千以上の僧院が破壊されました。

この展覧会の展示や文書は、日本国民を欺き、中国政府がチベット文化の善意の保護者であると信じさせるよう、意図的に作られています。実は、真実は逆なのです。チベットでは、今でもチベット人の信教と文化の自由は弾圧され続けています。昨年のチベット動乱がその証拠です。チベットが今日も封鎖されているという事実が、何よりも声高に物語っています。

もし主催者の方々が、この展覧会がチベット人のために行われていると信じるなら、チベットの真の歴史的背景と、ダライ・ラマ法王の亡命の理由、そして世界的問題となっているチベット問題について正しく展示し、呼びかけることで、関心を持つ人々に誤解を与えないようにすべきです。それどころか、中国政府に、チベットの封鎖を解いて本物のチベットを世界に見せるよう促すべきです。

チベットの状況は深刻です。残念なことに、この自由の国で、あるエリートや知識人の方々が、正義のために立ち上がる代わりに、チベットの悲惨な状況に投資を行っているのが見受けられます。

多くの日本のチベット支援グループや個人の方々が、展覧会と主催者に対し様々なデモを行っていることを知りました。皆様の純粋な関心や支援には感謝いたしますが、平和的に活動し、一切の暴力を行わないようお願いいたします。重要なことは、企画者と来場者の方々に、チベットの実情は異なっていることを知っていただき、世界が中国のプロパガンダである展覧会にだまされないようにすべきです。

この自由の国の皆様と報道関係者の皆様には、両者の意見を聞いていただき、真実と正義と人間性を支持していただくよう、お願いいたします。

ありがとうございました。

ダライ・ラマ法王日本代表部事務所
代表:ラクパ・ツォコ

AN APPEAL

To the People of Japan

2009/09/28

As you are all well aware, a Tibet exhibition titled. "Tibet - Treasures from the Roof of World" has been going around Japan and it has now come to Ueno, Tokyo. While we welcome any exhibitions on Tibet, we are sorry to inform that the said exhibition does not give the true picture of Tibet and its history.

The world is well aware that since the invasion of Tibet by Chinese communist force in 1949, peaceful and religious people of Tibet were subjected to tremendous sufferings and tortures. As a result some 1.2 million Tibetan died, more than 6000 monasteries have been destroyed.

The exhibits and the documents at the exhibition are purposely designed to mislead the Japanese public into believing the Chinese Government as the benevolent guardian of Tibetan culture. While in fact, opposite is the truth. Repression of Tibetan religious and cultural freedom is still going on in Tibet. This is evident from the last year's disturbance in Tibet. The fact that Tibet is closed even today speaks louder than anything.

If the organizers believe that this Exhibition is being done for the Tibetans, then the real historical background of Tibet and reason behind the flight of His Holiness the Dalai Lama, and the Tibet issue, which has become an international issue should be properly displayed and addressed to, so that the interested publics are not misinformed. Instead, they should urge the Chinese Government to open Tibet to let the world see the real Tibet.

Situation in Tibet is very critical; it is very unfortunate to see certain elite bodies and intellectuals in this free country instead of standing up for justice are seen investing on the sad plight of Tibet.

We have been informed that many Japanese supporters of Tibet, groups and individuals are staging demonstration against the exhibition and the organizers in various forms. While I thank them for their genuine concern and supports, I request them to keep their activities peaceful and refrain from any violent actions. Important thing is that we should let the organizers and the visitors know that the real situation in Tibet is different and the world shouldn't be deceived by this Chinese propagandist exhibition.

I request the people in this free country and media people to hear the both sides of the stories, and support the truth, justice and humanity.

Thanking you

Lhakpa Tshoko
Representative of His Holiness the Dalai Lama for Japan & East Asia

 

(翻訳:熊谷惠雲)

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス