ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2009年>台湾訪問は「全くの非政治的なもの」とダライ・ラマ法王

台湾訪問は「全くの非政治的なもの」とダライ・ラマ法王

(2009年8月30日 Phayul.com

ダラムサラ:ダライ・ラマ法王の訪台が純粋に宗教的なものであるとする台湾の立場を、ダライ・ラマ法王があらためて明言したとフランス通信社(AFP)が報じている。

ダライ・ラマ法王は日曜日に台湾へ立つ前、台風8号に襲われた結果670名が死亡し、中国が離反している省とみなしている台湾を訪問する「道徳的責任がある」と述べた。

ダライ・ラマ法王は台湾TVBSテレビの番組中の映像で、「私はこの訪問が全くの非政治的な性質のものと認識しています。彼らは私が立ち会うことを願い、台湾への訪問を依頼してくれました。その招待に応じることは私の道徳的責任なのです」と話した。

中国政府は木曜日、ダライ・ラマ法王の訪台を許可した台湾の馬総統の決断を糾弾し、「いかなる形式、立場であれ」、ダライ・ラマ法王の招待には「断固反対」であると述べている。

また、中国・国営新華通信社は「ダライ・ラマ法王は純粋な宗教的人物ではない」という国務院台湾事務弁公室のスポークスマンによる言葉を引用した。

AP通信によれば、2001年4月に台北市長としてダライ・ラマ法王と会合を行った馬総統は、台風8号による苦痛を和らげる助けになるかもしれないとしてダライ・ラマ法王の訪台を許可した。しかし、今回の訪台時は会合を行わないとしており、中国をさらに苛立たせるのを回避しようとする思惑が見て取れる。ダライ・ラマ法王は台風に襲われた7つの自治体の首長から招待を受けていた。

9月3日まで台湾に滞在する間、ダライ・ラマ法王は演説を行い、犠牲者の遺族を慰めるための活動に従事する。

ダライ・ラマ法王による過去2回の訪台時(1997年3月と2001年4月)、親中的なアプローチをとる現在の与党・国民党とは対照的に、中国からの完全な独立を切望する民主進歩党が政権の座にあった。

(翻訳:櫻木晴子)

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス