ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2009年>チベット問題に理解を 日本代表部のラクパ氏訴え 一燈園で国際宗教同志会総会

チベット問題に理解を 日本代表部のラクパ氏訴え
 一燈園で国際宗教同志会総会

(2009年2月17日 中外日報)

国際宗教同志会(理事長=三宅光雄金光教泉尾教会会長、事務局=大阪市大正区・泉尾教会内)の平成21年度総会が10日、京都市山科区四ノ宮の一燈園で開かれた。チベット亡命政権「ダライ・ラマ法王日本代表部事務所」のラクパ・ツォコ代表が「チベットの現状と特別会議について」のテーマで講演し、チベット問題に対する日本の「理解」を呼び掛けた。

ラクパ氏は1958年、チベット南部シェンカル県生まれ。インド・デリー大学卒業後、ダライ・ラマ法王インド・デリー代表部事務所事務局長などを経て、2007年6月に同日本代表部事務所・代表に就任した。

講演したラクパ氏は、「日本の仏教者がチベットのことを忘れていないことを信じている」と滑らかな日本語で切り出し、「120万人が死に、6,000の寺を破壊した」「チベットが中国の一部だというのは自分たちに都合の良い解釈」などと中国のチベット「侵略」の歴史を説明。天然資源や水の豊富なチベットは、環境問題を通じて日本とも関係しており、「アジアで存在感を持つ日本は、『見ざる言わざる聞かざる』でなく、世界の中でモラルに貢献する責任がある」と強調した。

その上で、ダライ・ラマ十四世の三つの誓い ㈰人間の「価値の種」を促進する㈪世界の宗教との和を促進する㈫チベット問題を解決する—を紹介。「力を持っている皆さんにチベットへの理解を宜しくお願いしたい」と呼び掛けた。

ラクパ氏の講演に先立ち平成21年度の総会が開かれ、20年度事業報告・収支報告、21年度事業計画・予算が承認された。今夏にモンゴルへの代表団派遣が計画されている。

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス