ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2009年>プレスリリース: ダライ・ラマ法王のご容態について

プレスリリース:
ダライ・ラマ法王のご容態について

(2009年2月2日 ダライ・ラマ法王事務所)

ダライ・ラマ法王はこの3日間、片腕に軽度の異常を訴えておられました。そこで侍医の助言によりダラムサラを発たれ、2日午後(現地時間)、ニューデリーのアポロ病院において検査をお受けになられました。結果、神経痛と診断され、投薬による治療が勧められました。

ダライ・ラマ法王は同日夕刻に病院を出られ、ニューデリーにご宿泊。3日にダラムサラにお戻りになられる予定です。

(翻訳:小池美和)

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス