ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2009年>「農奴解放記念日」は真実を歪曲する試み ーチベット亡命政権

「農奴解放記念日」は真実を歪曲する試み ーチベット亡命政権

(2009年1月20日 Phatyl.com

(ダラムサラ)中国政府が反ダライ・ラマのプロパガンダとして「農奴解放記念日」を利用しようとしていることに対し、チベット亡命政権は、そのような試みは無意味であり、真実をねじ曲げることはできないと語った。

チベット自治区人民代表大会(議会)は19日、毎年3月28日を新たな祝日とする議案を採択した。50年前の3月28日は、ダライ・ラマがインド脱出直後に侵攻した共産勢力により、チベット政府が解散に至った日である。

「中国政府がどれだけ一生懸命になっても、チベット人はチベット人であり、なにものもそれを変えることはできない」とチベット亡命政権の宗教・文化省大臣、ツェリン・フンツォク氏は19日、本の出版記念式典にて述べた。

フンツォク大臣は、「中国政府の言う「農奴解放」は、チベット人の感情を露骨に無視したものである」と語る。

「解放という名のもと、中国が軍事力をもってチベットを侵攻したのは明白である。チベット人は自分たちの本心をさらけ出すことはできないが、彼らの行動を見れば、中国政府の弾圧に対する胸のうちがおのずと伝わってくる」

これに対し中国側は、帝国主義的な目的で人民解放軍がチベットを侵攻し、100万人以上が犠牲になったとチベット人は反論するが、中国は何百万人というチベット人をダライ・ラマの農奴制と封建的制度から解放したのだと主張する。

インターナショナル・キャンペーン・フォー・チベット(ICT)は、「農奴解放記念日」は歴史の書き換えを図る目的で企てられたものであり、挑発的で無責任な内容であると語った。

昨年の3月にチベット人による大規模な抗議活動が起こったことを鑑み、チベット人の中にお祭りムードを高めようとする中国の意図がみえる。

報告によると、中国はチベット暦2月25日の新年祝賀に参加するようチベット人に働きかけており、進んで祝う人々には報奨金を与える意向であるという。また、3月28日にさまざまな催し物を行なう計画も進めている。

(翻訳:パドマサマディ)

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス