ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2008年>チベット亡命政権発表  ー チベットからのレポート(7/26)

チベット亡命政権発表
 ー チベットからのレポート(7/26)

(2008年7月26日 チベット亡命政権)

以下は、チベット亡命政権が、信頼できる関係筋から入手した報告である。

■ 2008年7月18日

Palyul(中国語ではBaiyu)郡、甘孜(カンゼ)(中国語ではGanzi)「チベット自治地区」、カム(現在は中国四川省の一部に統合)−ゾクチェン僧院と中国軍が衝突、今年3月から相当の数にのぼる中国軍がゾクチェン僧院に到着している。中国軍はチベットの盛装で身を包み、Ri-Dham-Loong で狩猟を行った。Ri-Dham-Loongには野生の動物が多く生息し、地元の住民や僧たちから聖地と崇められている。あるチベット人の隠遁中の僧が中国軍にその神聖なる土地で狩猟は禁忌である旨を伝えたところ、中国軍に酷く殴られた。
午後3時前後にこの事件を知るとすぐに、ゾクチェン僧院の僧侶らは中国の関係当局に苦情を申し立てに市街地に赴いた。しかし、僧侶らの訴えは当局に退けられ、ついに僧侶らと中国軍との小競り合いに発展してしまう。報告によれば、数名の僧侶がその間に銃撃を受けたという。数名の長老の僧侶らが仲裁に入り、状況は一時的に鎮静化したが、今のところそれ以上の情報は入手できていない。

■ 2008年7月14日

康定(ダルツェンド(中国語ではKangding)郡、甘孜(カンゼ)(中国語ではGanzi)「チベット自治地区」、カム(現在は中国四川省の一部に統合)約1年拘留されたアテゥク・キャルギャムが禁錮5年の刑の判決7月14日、「チベット自治地区」甘孜(カンゼ)の拠点康定(ダルツェンド)にある裁判所は、アテゥク・キャルギャムに判決を下した。アテゥク・キャルギャムは、昨年に5年の禁固刑の判決を受けたルンギェ・アダク の甥にあたる。
ルンギェ・アダク は、昨年の8月1日、甘孜(カンゼ) の理塘(リタン)で毎年行われる馬術競技大会において、中国政府に対する抗議デモを平和裏に行った。彼は現場で直ちに逮捕され、この抗議デモ以降、当局は理塘(リタン)の全僧侶と全住民に集中的な「愛国心再教育」を開始した。
その「愛国心再教育」がカルシュル 村で行われていた時、アテゥク・キャルギャムは徹底して自分の意見を述べ、「愛国心再教育」を受け入れることを拒んだ。その結果、去年9月の初め、彼は逮捕された。

■ 2008年7月12日

徳格(デルゲ)(中国語では)郡、甘孜(カンゼ)(中国語ではGanzi)「チベット自治地区」、カム(現在は中国四川省の一部に統合)僧2名死亡、ほか4名重傷のゴンチェン僧院の爆発事件後、取締り強化中国当局によれば、7月12日、徳格(デルゲ)のゴンチェン 僧院で爆破事件があり、僧侶2名が死亡、4名が負傷した模様である。この爆破事件以降、徳格(デルゲ)の関係当局は取締りを強化、ゴンチェン僧院周辺で2名以上の集会の禁止、全て通信回線を厳しい監視のもとに置くといった措置も含まれている。当該地域においてこのような厳戒態勢が敷かれているため、この事件の明確な内容をつかむことが困難となっている。

■ 2008年6月29日

Jonmba郡(中国語ではJiangda)、「チベット自治地区」チャムド 、カム(現在は中国四川省の一部に統合)抗議活動を企てた容疑で四名が逮捕6月29日、Jumda Country のギェラン村の住民ら(ツェギャルを含む)が抗議行動を企てた容疑で当局により逮捕された。それは冬虫夏草(Caterpiller fungus) という薬草を採取した後に起きた。
6月31日、ギェラン村の住民らは、地域の関係当局に彼らの釈放を願い出たところ、反対に逮捕され、逮捕者数は32名以上にのぼった。32名のうち7名はいまだ拘留されたままである。
7名は以下のとおり:ツェギャル(ペワル・ツァン 家の出身)、ジャムヤン・ツェリン (モモ・ツァン 家の出身)、アンヨン 、パルチェン、ツェリン 、チョクドゥプ、ソナム・ダルギャルそれ以上の詳細情報は入手できていない。

■ 2008年6月15日

瑪曲(マチュ)郡、「チベット自治地区」のカンロ、アムド(現在は中国の甘粛省に統合)チベット人三名が専断的判決を受ける
6月15日、「チベット自治地区」カンロの中級人民法院は、三名のチベット人に専断的判決を下した。
判決と受けた者の氏名及び出身については以下の通り。
15年の禁固(懲役)刑:ケルバル(20歳)瑪曲(マチュ)郡ノルマ 村のドルキャプ・ツァン家の出身_ 13年の禁固(懲役)刑:ケチョク・ティムタク(30歳)ロンチョク・ツァン 家出身_ 12年の禁固(懲役)刑:クンチョク(16歳)ノルマ 村出身伝えられるところでは、彼らは今年3月に瑪曲郡での抗議デモに参加して4月11日に郡の公安当局に逮捕されたメンバーの中に、含まれているという。



※文中で使用されている地名につきましては、翻訳の時間的制約により、現地からのレポートのまま、ほとんどがチベット語地名の音読表記となっております。現在の正確な中国地名に置き換えておりませんことをご了承ください。

 

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス