ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2008年>チベット亡命政権発表 ー チベットからのレポート(13)

チベット亡命政権発表
 ー チベットからのレポート(13)

(2008年3月28日 チベット亡命政権)

以下は、チベット亡命政権が、信頼できる関係筋から入手した報告である。

2008年3月28日

■ 100人を超す僧侶が、Kirti寺院で逮捕される
(Ngaba郡 (中国名:Aba) , Ngapa "チベット自治県" 四川省)

公安と武装警察は、Ngaba郡にあるKirti寺院の宿坊に住む僧侶達を徹底的に取調べた。
また、僧侶達は各自の宿坊から出ないよう強いられている。
ダライ・ラマ法王への崇拝を示す品(肖像画など)は、すべて没収された。所有する書類も徹底的に調べられた。
今日、100人以上のKirti寺院の僧侶が逮捕された。

■ チョーキ寺院の抗議者、厳重な法的処罰を下すと警告される
(Drakgo郡 (中国名: Luhuo), Karze "チベット自治" 四川省)

3月24日、Drakgo郡でデモを率いたとして中国当局に逮捕されたChokri寺院の3人の僧侶は、逮捕される際に、デモに関与したことで厳重な法的処罰を下す、と当局側から警告されたと話した。
現在、三人の僧侶の消息は不明。三人の氏名は確認されている。

  1. リンジン (Drakgo郡Jhang-drong村出身)
  2. チョダック (Drakgo郡Khuyu-boor村出身)
  3. カルマ(Drakgo郡Gorong村出身)

■ 大量の逮捕者
(Drakgo郡 (中国名: Luhuo)、Karze "チベット自治区" 四川省)
Drakgo郡Chokri Shuk-yul 村に6台の軍用トラックが到着し、ただならぬ数の大量の人々を逮捕した。

■ 人々が、ポスターでメッセージを発信
(Nyarong郡 (中国名: Xinlong)、Karze "チベット自治県" 四川省)
Nyarong郡の村々で、たくさんのポスターが貼り出された。
ポスターには「チベットには自由と独立が必要だ」「ダライ・ラマ法王のご長寿を」などのメッセージが書かれており、同様のメッセージが石盤などにも書かれている。
この地域での集会は、厳重に禁止されている。

2008年3月27日

■ 中国当局が外国メディアを招き入れ、ラサの平和で安定したイメージを伝えようと演出した試みは、逆効果に終わった。

中国は、チベットでおきた最近のデモ行動に対する対応に関して、国際社会から厳しい非難と糾弾を受けている。
チベットには規制を受けない自由な報道機関がなく、今回、中国政府が選抜した外国人メディアが中国政府によって定められたツアーをするにとどまったに対しても、国際社会から中国に対する非難の声があがっている。
外国メディアのツクラカン寺院(ジョカン寺)訪問は、周到に計画され制約された動きの中で行なわれた。事前に中国政府によって選出された3人の高僧が外国人記者と対応した。他の僧侶達は、外国人記者の訪問の間中、寺の中庭で仏教哲学の問答をするなど、事前に細かく指示されたとおりの寺の活動をおこなった。
中国が印象付けようとしている「ラサの生活は正常に戻っている」というイメージとは裏腹に、中国がお膳立てした外国人記者のツアーにもかかわらず多数の僧侶がそれを台無しにした。15分間におよぶ騒ぎのあと、僧侶達は「チベットに宗教の自由は無い」「チベットでデモが起きたのはダライ・ラマ法王のせいではない」と叫んだとに叫んだ。

■ チベット人らが、2名の釈放を要求
(Tsegor Thang郡 (中国名: Xinghai)、Tsolho、"チベット自治県" 青海省)

3月26日のデモの最中に逮捕されたリブン・ギャル(ギター奏者)と少女一人の解放を求め、Holkha地区(Tsegor郡)のチベット人たちが地区庁舎の前に集まった。
詳細不明。二人が釈放されたかどうかも不明。

2008年3月26日

■ チョクリ寺で、さらに2名逮捕される
Drakgo郡 (中国名: Luhuo) 、Karze、"チベット自治県" 四川省

Drakgo郡のチョクリ僧院では、ナムギャル・ツェリン(チョクリ僧院の前僧院長)とソナム・ギュメ(チョクリ僧院が運営する学校の校長で、最高位の仏教博士ゲシェ・ラランパ号を持つセラ寺出身の僧侶)が、会議に出席するよう要請され、そのまま中国警察に逮捕された。

■ 60歳の老女、地区長官に殴打される
Dragko郡Chokri Getse地区の役人は、ダライ・ラマ法王のイメージを損なうための講演をおこなった。講演の最中に60歳の老女が立ち上がり、自分は絶対ダライ・ラマ法王を非難することはしない、と述べた。
さらに彼女は、チベット人は、中国がしばしば非難しているような「分離主義者」などではないとも述べた。また、自分はどんな状況にあろうと、ダライ・ラマ法王を非難するキャンペーンには同調しないと述べた。
地区長が彼女を殴ると、彼女の息子のイエシェがそれを止めようとして、地区長と殴り合いになり、地区長は病院に運ばれた。イエシェは、やむなく地区から逃げだした。

■ rakgo郡のガンデン・ラプテン・ナンパ・ギャルウェイ寺院周辺で、緊張が高まっている
ガンデン・ラプテン・ナンパ・ギャルウェイ寺院は、軍に包囲され、寺院に対する非常に徹底した厳しい締め付けが行なわれている。

3月25日のデモ参加者を、軍が捜索している。
ガンデン・ラプテン・ナンパ・ギャルウェイ寺院の近くを移動している市民は、徹底した取調べを受けている。

■ 抗議が起きている
(Dartsedo郡(中国名:Kangding)Karze "チベット自治県" 四川省)

一団のチベット人が抗議行動。詳細は不明。


※文中で使用されている地名につきましては、翻訳の時間的制約により、現地からのレポートのまま、ほとんどがチベット語地名の音読表記となっております。現在の正確な中国地名に置き換えておりませんことをご了承ください。

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス