ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2008年>チベット亡命議会、騒乱での死者は「数百人」

チベット亡命議会、
騒乱での死者は「数百人」

(2008年03月17日 AFP)

【AFP ダラムサラ/インド】インド北部ダラムサラを拠点とする亡命チベット代表者議会は17日、中国のチベット自治区で起きた騒乱について、ラサほか自治区各地での死者は数百人に上るとの声明を発表した。

声明で議会は、「10日以降ラサほかチベット各地で始まった大規模なデモは、数百人の死者を出す結果となった。中国政府による武力鎮圧は、国連や国際社会に問われるべき問題だ」として、真相解明に向けた国際的な調査の必要性を訴えた。死者の正確な人数など、詳細には触れていない。

また、一連のデモや騒乱の後、中国当局の厳戒態勢下にある自治区内からの情報を収集するため、委員会を設置したとしている。

チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世の側近は前日、騒乱で80人の死亡が「確認された」ことを明らかにする一方、死者の数はもっと増えかねないとの懸念を示していた。

チベット動乱以降、ダライ・ラマ14世や亡命チベット代表者議会、チベット亡命政権はダラムサラを活動拠点としている。

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス