ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2007年>ダライ・ラマ法王、ローマ法王との会談叶わず遺憾の意を表明

ダライ・ラマ法王、ローマ法王との会談叶わず
遺憾の意を表明

(2007年12月7日 ロイター)

(イタリア、ミラノ)ダライ・ラマ法王は、金曜、10日間のイタリア訪問中、ベネディクト16世に会えず残念だったと述べた。今回のイタリア訪問中、多くの政治家がダライ・ラマ法王に会うことを避けた。

中国は外交上、ダライ・ラマ法王の世界歴訪に対して強い不快感を示しており、イタリアの中国大使は政治家らにダライ・ラマに会わないよう呼びかけたと、地元メディアは伝えている。

チベットの精神的指導者ダライ・ラマ法王は、1973年、カトリック教会首長への敬意を表してヨーロッパを初めて訪問した際、最初に訪れた国は、まさにローマ法王のお膝元であるイタリアだったと語った。

しかしバチカンは、今回はダライ・ラマ法王とローマ法王とのいかなる会談も認めなかった。

「これまで、イタリア訪問の際は毎回ローマ法王と会談した。今回、ローマ法王はなんらかの問題があったようだ。残念だ。」とダライ・ラマ法王72歳はイタリアの日刊紙ラ・レプッブリカに語り、前のローマ法王であるヨハネ・パウロ2世は忘れがたい方だと付け加えた。

中国との関係改善をローマ法王としてのゴールだと位置づけているベネディクト16世は、昨年10月チベットの精神的指導者と、極私的な会談を行った。

「私はラツィンガー法王に一度会ったことがある。彼は、信仰と理性を調和させることがいかに重要かということを説いた、すばらしいことだ。」とダライ・ラマ法王は述べた。

ダライ・ラマ法王は12月5日にミラノに到着し、ウーディネ、ローマ、トリノを訪問する。
これまで、北部ロンバルディア州知事のみ公式レベルで会談を受け入れ、政府レベルで予定されている会談はない。

冬の寒さをものともせず、ダライ・ラマ法王は金曜、トレードマークとなっているえんじ色と山吹色の法衣、草履を着用して、ロベルト・フォルミゴーニ州知事に会うため、ロンバルディア州本部に現れた。

2008年の北京オリンピックが迫っており、ダライ・ラマ法王は西側の指導者と会談するため、世界中を飛び回っている。

今年、法王はアメリカ合衆国大統領ジョージ・W・ブッシュ、そしてオーストリア、ドイツ、ニュージーランド、オーストラリア、カナダの指導者と会談している。

何千人ものイタリアの支持者に会いに向かう途中、中国側の発言について尋ねられ、ダライ・ラマ法王は「彼らは彼らの言いたいことを言う自由がある。」とレポーターに答えた。

「中国を孤立させることは絶対にいけない。我々には中国を国際社会へ参加させる道義的責任がある。」とも述べた。
「ただし、状況によっては、真の友情を保ちながらも、断固とした態度を取らねばならない場合もあるのだ。」

写真:チベットの精神的指導者ダライ・ラマ法王
12/7ミラノで開催された三日間の教育イベント
「内面のやすらぎへの道」に到着し、ほほ笑む。 

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス