ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2006年>ダライ・ラマ法王 チベットに献身した友、ハラー氏への哀悼のことばを捧ぐ

ダライ・ラマ法王 チベットに献身した友、ハラー氏への哀悼のことばを捧ぐ

(2006年1月10日 Tibet.net

(ダラムサラ)ハインリヒ・ハラー氏の逝去にあたって、ダライ・ラマ法王はハラー婦人に宛てて、つぎのように哀悼の意を述べた。

「私の友人、ハインリヒ・ハラー氏の訃報を受け、悲しみの念に堪えません。奥様、そしてご家族の皆様に、衷心より哀悼の意を捧げます。私は悲しみに暮れています。なぜなら、ハインリヒ・ハラー氏は私個人の友人であり、私に英語を教えてくださったのもハラー氏だったからです。ハラー氏は、オーストリア人の英語の先生でした。

ハラー氏にはじめてお目にかかったのは1949年でした。未知の世界からやってきたハラー氏から、私はさまざまなことを学び、とりわけ、彼の出身地であるヨーロッパについては多くのことを学びました。

『セブンイヤーズ・イン・チベット』というあまりに有名な本と講演活動を通して、チベットとチベット人への社会的関心を喚起してくださったハラー氏にたいする感謝の念はことばに尽くせませんが、この場をお借りして、心より深くお礼申し上げたく存じます。ハラー氏がチベット人に寄せてくださった敬愛の情は、だれの目にも明らかです。

まだ自由であったころのチベットで7年間もの日々を過ごすという貴重な体験をした、西洋の、忠信の友を失ってしまったことを、チベット人は嘆き悲しんでいます。われわれチベット人は、ハインリヒ・ハラー氏への想いを、これからも胸に抱きつづけます。

あなたとご家族のために、心より祈りを捧げます」

 

2006年1月10日、10万人の人々にカーラチャクラ灌頂を伝授中のアマラヴァティーより、ダライ・ラマ法王はこの追悼メッセージを送った。

2002年オーストリアのグラーツにて再会(写真:ロイター)

2002年オーストリアのグラーツにて再会(写真:ロイター)


参考リンク:

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス