ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2004年>中国公安、チベット人アーティスト2名を逮捕

中国公安、チベット人アーティスト2名を逮捕

(2004年4月3日 AFP)

中国公安当局は4月3日、中国政府に批判的な歌詞を込めた曲を作り広めたとして、チベット人の人気シンガーと作曲家の二人を逮捕した。当局員が発表した。

アメリカに拠点を置くラジオ・フリーアジア(以下、RFA)によると、ナムカとバコチャという名で知られる二人のチベット人アーティストは、3月10日のチベット民族蜂起記念日前後に青海省トンデ郡で逮捕された。同省のチベット人警察官は「国家公安当局が連行した」と述べ、「容疑は明らかにされていないが、政治的な理由に間違いないだろう」と逮捕の真相を語った。彼らのフォークソングは青海省で広く知られており、RFAも今回の逮捕はナムカの歌に反政的な要素が含まれていたことが原因ではないかと付け加えた。

逮捕に至った二つの曲は、「ツェンポ・ポイニャ」(王の使い)と「アムド・ポゴェ」(勇敢なるアムドの男)である。しかし、RFAの情報によると、二つの曲には「反政府思想と断言できるような部分は見当たらず、解釈次第でどうとでも捉えられるもの」という。ナムカとバコチャがリリースしたCDは全て、同省河南県にある国家公安局に押収されているという。この二人は青海省遊牧地帯出身で、バコチャはトンデ郡のバ・シャンツェ寺の僧侶である。

RFAによると、公安当局はバ・シャンツェ寺の僧侶たちから彼らのCD全てを没収し、今後も所持が発覚すれば「厳重な処罰を与える」と警告している。これに関して中国からのコメントは一切入っていない。2名とも行方不明の状態が続き、今回の逮捕によって中国の公安当局のチベット人に対する非情な態度が明らかになった。

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス