ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2004年>四川省ンガパ チベット人僧侶3名、禁固12年の判決

四川省ンガパ
チベット人僧侶3名、禁固12年の判決

(2004年2月5日 AFP)

人権団体(チベット協議会、フリーチベット・キャンペーン、インターナショナル・キャンペーン・フォア・チベット)によると、チベットの精神的指導者ダライ・ラマの写真を所持したり、チベット国旗を描くなどしたりしていたチベット人僧侶が、12年の禁固刑を言い渡されたということである。判決が下されたのは、チベット自治区との境、四川省ンガパ州カコク郡のカンマル寺院の僧、チャデル・ダルゲ、ゲドゥン・トクペル、ジャンパ・チョペルの3名である。他に逮捕されたミギュ・ギャツォとジャンパ・オゼの2人も判決を待っているところだが、後者は体調を崩して入院中との報告がある。

去年8月、チベット独立をスローガンにした資料を配布したとして、これら5人と他1名の僧侶が1年から12年の禁固刑判決が下された、とロンドンに本拠地を置くTIN(チベット情報ネットワーク)が報告。警察は逮捕された僧侶のひとりの部屋を捜索した際に、ダライ・ラマの写真とチベット国旗を大量に押収した、という。判決の日、地元の警察はコメントを拒否し、裁判所職員らに迅速な問い合わせをすることができなかった。判決を受けた僧侶らが皆、寺院で重要な地位に付いている者であることは間違いない。ダライ・ラマの写真が掲げている壁をバックにカンマル寺院の僧侶4人が写っている写真をTINは入手した。(右写真→)

報告書によると、特に、かつてはアムドやカムと呼ばれ、現在は中国の青海省、四川省、雲南省、甘粛省に統合されたチベット自治区外のチベット人地域では、今でも多くのチベット人が個人的にダライ・ラマの写真を飾っているということだ。昨年度の米国務省「世界の信仰の自由に関する年次報告書」では、中国でダライ・ラマの写真の所有する人が増えていると証言している。同報告書は、中国政府高官の発言を以下のように掲載している。

  • ダライ・ラマの写真の所有や掲示は違法行為ではない。
  • ダライ・ラマの写真所有や掲示には、政治的用途と宗教的用途がある。
  • 宗教的肖像としてダライ・ラマを崇拝する目的で個人がダライ・ラマの写真を所有することは適切であるが(宗教的用途)、「分離主義を支持する」目的で写真が使用される(政治的用途)のは適切ではない。

中国は、68歳のダライ・ラマを「分離主義者」であるとして常に非難し、ダライ・ラマが世界の指導者らと会談することに常に反対している。

3月10日の民族蜂起を祝う僧侶たち。2002年頃

3月10日の民族蜂起を祝う僧侶たち。
2002年頃?(写真TIN)

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス