ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2003年>ロプサン・トントゥプ 拷問の痕跡

ロプサン・トントゥプ 拷問の痕跡

ロプサン・トントゥプ

2003年1月26日死刑執行された
ロプサン・トントゥプ

ロプサン・トントゥプ(28歳)は、1月26日日曜の夜、四川省カンゼ(甘孜)州で死刑を執行された。死刑は、四川省上級人民裁判所で非公開裁判の後、執行された。同裁判所は、トゥルク・テンジン・デレクの執行猶予2年付きの死刑判決も下している。

このショッキングで恐ろしい死刑に加えて、チベットから入手した情報によると、ロプサン・トントゥプの耳は切断され、口と鼻はおびただしい打撲傷の痕跡があったという。亡骸はいまだ遺族のもとに渡されていない。情報筋によると、ロプサン・トントゥプは残虐極まりない拷問の後で死んだという。

ロプサン・トントゥプは、1975年に四川省カンゼ「チベット族自治州」のリタン(理塘)県ニャチュ(Ngyachu)で生まれた。村に学校がなかったため、ロプサンは教育を受けられず、幼いながら働いて家族の生活を助けた。20歳のときに結婚し、2人の子供の父親となったが、その後、トゥルク・テンジン・デレクの僧院で剃髪し出家した。1年ほど僧院にとどまったが、ビジネスをするため僧院を出た。ニャチュのホテルを生活の場にして、ニャクチュカ(雅江)県と成都の間で薬やその他の商品取引を行っていた。ロプサン・トントゥプはチベットに対する高い愛国心を持っていたため、地方当局のターゲットとなったのであった。


 トゥルク・テンジン・デレクおよびロプサン・トントゥプ関連ニュース
 関連情報

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス