ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2002年>米田副大臣が14世と会談 「政治活動」に中国反発も

米田副大臣が14世と会談 「政治活動」に中国反発も

(2002年11月09日(土) 共同通信)
ホテルから成田空港へ向かうダライ・ラマ

ホテルから成田空港へ向かうダライ・ラマ法王

内閣府の米田建三副大臣は9日午前、成田市内のホテルで、モンゴル訪問を終えてインドに帰国途中のチベット仏教最高指導者のダライ・ラマ14世と会談した。米田氏は超党派の国会議員でつくる「チベット問題を考える議員連盟」のメンバーとして会ったとしているが、14世の日本滞在については中国政府が反対。政府は「政治的活動をしない」ことを条件に認めた経緯がある。副大臣という政府高官が14世と会談したことで、中国政府の反発も予想される。14世と会談したのは、米田氏ら議連のメンバー3人。米田氏は「私は日本の国会議員で政府の一員だ。今回は議連メンバーとして訪問させていただいた」とした上で「人権擁護、民族の自決という人類共通の理想がチベットで実現していない現状に強い憤りを感じる」と中国のチベット政策を批判した。14世は「われわれは完全な自治を主張している。今新しい関係ができている。中国の党大会の結果を待っている」と述べ、中国との話し合いに期待感を表明した。

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス