ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2002年>ダライ・ラマ特使訪中を確認 中国のチベット政策に変化か

ダライ・ラマ特使訪中を確認 中国のチベット政策に変化か

(2002年9月10日毎日新聞)

(北京)中国外務省の孔泉報道局長は10日の記者会見で、インド亡命中のダライ・ラマ14世との特使が訪中していることを確認した。インド・ダラムサラの亡命政権は9日からダライ・ラマの特使2人を北京に派遣したと発表していた。特使受け入れは、中国がチベット政策を調整し始めた現われとの見方も出ている。

ダライ・ラマ側は2人が中国当局との93年以来の公式接触再開のため、北京入りしたとしているが、孔泉報道局長は「私人の身分でチベット自治区を訪問する」と述べ、公式接触の有無の確認は避けた。一方で「現地では各界の人たちと交流するだろう」と語り、自治区当局者との接触の可能性は否定しなかった。

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス