テールズ・オブ・テラー チベットでの拷問TCHRD(チベット人権・民主センター)1999年発行

性的暴行

中国収容所での酷い拷問体験を語る尼僧
中国収容所での酷い拷問体験を語る尼僧(ダラムサラ)

性的暴行は、チベットの収容所で行われたもっとも野蛮な拷問のうちのひとつである。これは主に、独立運動を支持した無防備の尼僧の信仰と精神を打ち砕くことを目的として行われる。
棒や電気警棒が膣や肛門に挿入され、それは多大な苦痛をともない、腎臓の傷害や精神的トラウマといった不治の傷害を残す。

看守たちによるレイプはそれ程報告されていない。しかし、チベット人女性、特に尼僧にとって、レイプされたことをひどく恥じる意識があるため、実際は報告件数よりもレイプがかなり行われている可能性も大きい。

(PHOTO / KUNIHIKO TANAKA)



ページトップへ戻る