ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>チベット関連イベント情報>2017年>ミニコンサート『チベットの歌』テンジン・チョギャル & 寺原太郎 & 池田絢子

ミニコンサート『チベットの歌』
テンジン・チョギャル & 寺原太郎 & 池田絢子

開催概要

日時
2017年6月30日(金) 19:00〜20:30(受付開始 18:30より)
プログラム
18:30~ 受付開始
19:00~ 第1部 チベット音楽演奏
19:40~ 休憩
19:50~ 第2部 チベット音楽演奏
20:30  終了
会場
新宿・常圓寺
都営大江戸線D5出口より徒歩2分、JR線/東京メトロ丸ノ内線 新宿駅B16出口より徒歩8分
青梅街道を挟んで新宿野村ビル向かい
入場料
お一人様 ¥2,000
主催・問合せ
NPOチベットハウス・ジャパン
〒161-0031 東京都新宿西落合3-26-1
電話:03−5988−3576 FAX:03−3565−1360

出演者紹介

テンジン・チョーギャル(歌、ダニェン、リンブー)

チベットとネパールの国境の国、ムスタン出身。子供の頃に父親を亡くし、母親、兄弟とともにヒマラヤの麓、ダラムサラ(インド)に移住。
16年前よりオーストラリアに拠点を移し音楽活動を始める。
2001年、ダライ・ラマ14世が提唱した「世界聖なる音楽祭2001」(インド・バンガロール)に出演。その後もオーストラリア・ニュ-ジーランドで開催される文化イベント・コンサ-ト及びミュ-ジックフェスティバルに多数出演している。
ニューヨークのカーネギーホールで開催されている Tibet's houses benefit annual concert には5年前よりほぼ毎年出演。
昨年はパティ・スミス、フィリップ・グラスととともに来日、すみだトリフォニーでコンサートを行った。
地元オーストラリアでは2009年より Brisbane Festival of Tibet、ヒマラヤ映画祭、シドニーのオペラハウスでの Women with Wisdom concertseries を主催している。


寺原太郎(てらはらたろう):バーンスリー奏者 Taro Terahara

92年より巨匠ハリ・プラサード・チョウラスィア師の弟子である中川博志氏に、96年より巨匠ニキル・ベナルジー師の愛弟子H.アミット・ロイ氏に師事。
06年より継続的にオーストラリア Woodford folk festival に出演。
07年坂本龍一プロデュース「ロハス・クラシックコンサート」出演。
映画「手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ永遠に」(2011)、映画「るろうに剣心」(2012、2014)、スーパー歌舞伎Ⅱ「ワンピース」(2015)等で挿入曲を演奏。
テンジン・チョーギャル氏とは2006年以来毎年日豪を往復し共演。
デュオCDに「Snow Lion」があるほか、チョーギャル氏制作のCD「Heart Strings」にも参加している。


池田絢子(いけだあやこ):タブラ奏者 Ayako Ikeda

打楽器を村松達之氏、タブラを U-zhaan、Pt.Anindo Chatterjee、Anubrata Chatterjee 各氏に学ぶ。
東京暮らし。毎年冬三ヶ月間、カルカッタ暮らし。
インド古典音楽の他にも様々なジャンルのミュージシャンと共演し、精力的に演奏活動中。
柳原陽一郎、minakumari、YAMPKOLTのレコーディングに参加。
町田『万象房』タブラ教室、西荻窪タブラ倶楽部講師。


ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス