ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ダライ・ラマ法王>歴代ダライ・ラマ法王

歴代ダライ・ラマ法王

ダライ・ラマ1世(ゲンデュン・ドゥプパ)

ダライ・ラマ1世(ゲンデュン・ドゥプパ)

ダライ・ラマ1世であるゲンデュン・ドゥプパは、1391年、中央チベットのウ・ツァン地方、サキャ近くのギュルメ・ルーパという場所に、遊牧民であるゴンポ・ドルジェとジョモ・ナムカ・キーの子ペマ・ドルジェとして生まれた。
ギャトン・ツェンダ・パラからチベット語の読み書きの初等教育を受けた後、14歳のときに、ナーサン僧院の僧院長だったケンチェン・ドゥプ・シェラブに僧門の誓いを立て、ゲンドゥン・ドゥプパの僧名を授かった。その後、1411年に同司教の元で叙階された。

ゲンドゥン・ドゥプパは、ゲルク派の創始者である偉大なるツォンカパの名声を聞き及んでおり、1416年に弟子となった。その忠誠心と熱心な信仰により、まもなく一番弟子となったゲドゥンにツォンカパは新しい僧衣を与え、チベット全土に仏教の布教を行うよう命じた。1447年、ゲドゥン・ドゥパは、シガツェに、ゲルク派最大の僧院であるタシルンポ僧院を建立した。

初代ダライ・ラマ、ゲンドゥン・ドゥプパは、極めて学識豊かな人物であり、研究と実践の組み合わせに優れていることで有名だった。彼は、仏陀の教えについての自らの識見と仏教哲学を8巻の著作を残している。1474年に、タシルンポ僧院にて瞑想中に84歳で没した。

ダライ・ラマ2世(ゲンデュン・ギャツォ)

ダライ・ラマ2世(ゲンデュン・ギャツォ)

ダライ・ラマ2世であるゲンドゥン・ギャツォは、1475年に中央チベットのウ・ツァン地方のシガツェに近い、タナグ・セクメという場所に、農民であるクンガ・ギャルツォとマチク・クンガ・ペモの子として生まれた。

父親は、ニンマ派に属する高名な密教の行者であった。ゲンドゥン・ギャツォは、話が出来るようになると、自分は、ペマ・ドルジェ(ダライ・ラマ1世の幼名)であり、タシルンポ僧院で生活がしたいと告げたという。また、母親が彼を身ごもったとき、父親の夢の中に白衣を着た者が現われ、生まれてくる息子をゲンドゥン・ドゥプパと名づけるよう命じるとともに、その子には、過去生を思い出す能力があることを告げた。だが、父親は彼をサンギェ・ペルと名づけた。

父親から初等教育を受けた後、11歳のとき、ダライ・ラマ1世だったゲンドゥン・ドゥプパの生まれ変わりと認定され、タシルンポ僧院でダライ・ラマ2世となった。1486年、彼は、パンチェン・ルンリグ・ギャツォに誓いを立てて僧門に入り、チョジェ・チョーキー・ギャルツェンの元で叙階され、ゲンドゥン・ギャツォの僧名を得た。学んだのは、タシルンポ僧院とデプン僧院。

1517年、ゲンデュン・ギャツォはドレプン僧院の僧院長となり、翌年、モンラン・チェンモの大祈祷祭を復興し、ゲルク派の三大僧院であるセラ、ドレプンおよびガデンの僧侶を取りまとめて宗教儀式を執り行った。1525年、セラ僧院の僧院長となる。1542年に67歳で没。

ダライ・ラマ3世(ソナム・ギャツォ)

ダライ・ラマ3世(ソナム・ギャツォ)

ダライ・ラマ3世のソナム・ギャツォは、1543年、ラサ近郊のトゥールンの裕福な家に、ナムギャル・タクパと、ペルゾム・プティの子として生まれた。二人は、それまでに多くの子が生まれていたが、全員が早世していた。生まれてきた子の早世を防ぐために、ソナムは白山羊の乳で育てられ、ラヌ・シチョ・ペルサン(山羊の乳によって救われた、豊かな者)と名づけた。

1546年、チベットの支配者であった、ソナム・タクパ・ギャルツェンと、パンチェン・ソナム・ダクパが、3歳であったラヌをゲンドゥン・ギャツォの生まれ変わりとして認定した。彼は、大行列を随行してデプン僧院に移り、俗世を捨て剃髪し、僧侶となった。7歳でソナム・タクパに僧門の誓いを立て、ソナム・ギャツォの僧名を得た。22歳のとき、ゲレク・パルサンより叙階された。

1552年、ソナム・ギャツォは、デプン僧院の僧院長となり、1558年にはセラ僧院の僧院長となった。

1574年、宗教儀式に対する補佐を得る目的で、ペンデ・レクシェ・リンを建立。これがナムギャル僧院であり、今日もダライ・ラマ法王の個人的な僧院として機能している。法王の時代に、モンゴルの王、アルタン・ハーンが、「智慧の大海」を意味するダライ・ラマの称号を法王に送り、法王は返礼に、アルタン・ハーンに、「宗教の王」を意味する、ブラーマの称号を送った。ダライ・ラマ3世は、また、ツォンカパ生誕の地に、クンブン僧院を建立し、カムにリータン僧院を建立した。1588年、モンゴルで布教中に没した。

ダライ・ラマ4世(ユンテン・ギャツォ)

ダライ・ラマ4世(ユンテン・ギャツォ)

ダライ・ラマ4世ユンテン・ギャツォは、1589年モンゴルで、アルタン・ハーンの孫で、チョカール族の族長であったツルティム・チョージェと、その二番目の妻であるパケン・ヌラの間に生まれた。

神託の予言と、誕生時の吉兆の双方から、ガデン僧院の僧院長は彼をダライ・ラマ3世の転生として認定し、ユンテン・ギャツォの僧名を与えた。しかし、彼の両親は、息子がもう少し成長するまで手放すことを拒んだため、彼はモンゴルに留まり、モンゴルのチベット人僧侶から初期の宗教教育を受けた。

1601年、12歳のときに、ユンテン・ギャツォは父親の随行のもとチベットに移り、そのときまでガデン僧院の長であった、サンギャ・リンチェンに僧門に入る誓いを立てた。1614年、25歳のとき、パンチェン・ラマ4世のロサン・チョギヤルから、叙階された。後に、デプン僧院の僧院長、セラ僧院の僧院長を歴任する。1617年、27歳のとき、デプン僧院にて没した。 

ダライ・ラマ5世(ロサン・ギャツォ)

ダライ・ラマ5世(ロサン・ギャツォ)

ダライ・ラマ5世、ロサン・ギャツォは、1617年、ラサ南郊のチョンギェに、デュデュル・ラブテンとクンガ・ランジーの子として生まれた。ダライ・ラマ4世の第一宰相であったソナム・チョーペルは、チョンギェに住む男の子の非凡な能力の噂を聞いて、その子を訪ね、ダライ・ラマ4世の所持品を見せた。男の子は即座に、それらは自分のものだと言った。政治的状況が不安定だったため、ソナム・チョーペルはダライ・ラマ5世の発見を当初、公にしなかった。政治的状況の安定を待って、ダライ・ラマ5世は、デプン僧院に迎えられ、パンチェン・ラマ3世のロサン・チョギャルの下で僧門の誓いを立て、ンガワン・ロサン・ギャツォの僧名を得た。

ダライ・ラマ5世が認定された頃、チベットの政治状況は不安定だった。しかし、モンゴル・ホショト族のグーシ・ハーンが安定をもたらし、1642年にシガツェのメイン・ホールにて、ダライ・ラマは正式にチベットの祭政の長となった。1645年、ダライ・ラマ法王はガンデン・ポタン(チベット政府)の高官たちと討議の末、チベットの第33代王であったソンツェン・ガンポが赤い要塞を築いた地に、ポタラ宮殿の建設を決めた。同年に建設が始まり、43年の歳月を経て完成した。
1649年、清国皇帝順治帝がダライ・ラマ法王を北京に招聘した。ダライ・ラマ法王は中国国内の寧夏で皇帝の大臣と将軍、そして、3,000人の騎士に迎えられ、彼らを随行して北京まで赴いた。皇帝自身もダライ・ラマ法王を迎えるために、北京を離れ、コトールという場所まで赴いた。北京では、皇帝がダライ・ラマ法王のために特別に建設を命じた「黄の宮殿」に滞在した。皇帝とダライ・ラマ法王は公式会見において、互いに称号を与え合った。1653年、ダライ・ラマ法王は、チベットに帰国した。

グーシ・ハーン、そして、摂政のスーナム・チョーペルは1655年に相次いで死去し、ダライ・ラマ法王は、グーシ・ハーンの息子であるテンジン・ドルジェを新たなモンゴルの王として任命した。摂政の地位は、ドロン・メイパ・ティンレ・ギャツォが引き継いだ。清国では、1662年に順治帝が死去し、息子である康熙帝が即位した。同年、パンチェン・ラマが91歳で死去した。1665年、タシルンポ僧院の要請により、ダライ・ラマ法王は、ウ・ツァン地方の男児を故パンチェン・ラマの転生として認め、その子をロサン・イェシと命名した。

ダライ・ラマ5世は、非常に学識豊かで、サンスクリット語に良く通じていた。詩歌に関するものを含む多くの著作を残した。在家・僧侶の双方の政府役人のために、それぞれの教育機関を設立し、モンゴル語、サンスクリット語、暦学、詩歌、および行政学が学べるようにした。彼は、口数の少ない人物だったが、彼が発した数少ない言葉は確信に満ちており、チベットの国境を越えて周辺の政治的支配者たちに影響を与えた。1682年、ポタラ宮の完成を見ずに65歳で没したが、残された宮殿の建設の責任は、新たな摂政であるサンギェ・ギャツォに委ね、彼に自らの死を当面、秘匿するよう命じた。

ダライ・ラマ6世(ツァンヤン・ギャツォ)

ダライ・ラマ6世(ツァンヤン・ギャツォ)

ダライ・ラマ6世ツァンヤン・ギャツォは、1682年にモン・タワン地方(今日のインドのアルナチャル・プラデシュ州)に、タシ・テンジンと、ツェワン・ラモの子として生まれた。当時の摂政だったサンギェ・ギャツォは、ダライ・ラマ5世の遺言を受け、ポタラ宮の完成を待って、その死を15年にわたり秘匿していた。国民は、偉大なるダライ・ラマ5世は、長い隠遁に入っていると信じていた。重要な儀式では、ダライ・ラマ法王の典礼用のガウンが王座に掛けられた。モンゴルの王子たちがダライ・ラマ法王への謁見を希望したときは、デパ・デイラブという、ダライ・ラマ法王に似たナムギャル僧院の老僧が、影武者として王座に座った。彼はダライ・ラマ法王の眼力が欠如していることを隠すため、帽子を被り、アイシャドウを塗った。摂政は、暫くこのような粉飾を続けていたが、ある日、モン地方に特異な能力を持つ男児の存在を聞いた。早速、1688年に使者が送られ、男児は、ラサ近郊のナンカルツェに連れてこられ、摂政が選んだ教師たちによって1697年まで教育を受けた。1697年には、摂政は、信を置く宰相であるシャブドゥルン・ンガワン・ショヌを清国に送り、康熙帝にダライ・ラマ5世の死とダライ・ラマ6世の発見を告げた。その後、摂政は、チベット国民にもそれを告げたところ、国民は歓喜を持って知らせを受け止め、日没を嘆く代わりに、日昇を喜び、かつ、摂政に感謝した。摂政は、チベットでダライ・ラマに次ぐ宗教指導者であるパンチェン・ラマ5世のロサン・イェシをナンカルツェに呼んだ。ダライ・ラマ6世と認定された男児は彼の前で僧門の誓いを立て、ツァンヤン・ギャツォという僧名を授かった。1697年、16歳のツァンヤンは、セラ、ガデン、デプンの三大僧院を代表するチベット政府高官、モンゴルの王族たち、康熙帝の使者、および、ラサの民衆の見守る中、ダライ・ラマ6世に即位した。

1701年、摂政のサンギャ・ギャツォとグーシ・ハーンの子孫であるラサン・ハーンのあいだに不和が起き、摂政が殺害される事件があり、若きダライ・ラマは途方に暮れた。彼は、僧院での学究生活を離れ、世俗の暮らしを選び、叙階に向けた生活を放棄した。その後、シガツェのパンチェン・ラマを訪れ、彼の許しを得て、ついに還俗した。彼はポタラ宮での生活を続けたものの、ラサや、近郊の村をさすらい、友人とともに、ポタラ宮の裏庭でひがな過ごしたり、ラサやショル(ポタラの下手に広がる地域)の酒場で飲酒や、遊行に明け暮れた。彼は、偉大な詩人であり、作家であった。1706年、中国に招聘され、赴く途中で没した。

ダライ・ラマ7世(ケルサン・ギャツォ)

ダライ・ラマ7世(ケルサン・ギャツォ)

のちのチベット人は、ツァンヤン・ギャツォは、次のような歌を書いて、自らがカム地方のリータンに転生することを予言したと信じている。

白い骸よ、我に汝が翼を貸せ
我はリータンまで赴き
後に再び戻らん

予言通り、ダライ・ラマ7世は、6世の死去から2年後の1708年、リータンに住むスーナム・ダルギャとロサン・チョツォのあいだに生まれた。ダライ・ラマ3世がリータンに建立したトゥプテン・ジャンパリン僧院は、その子の優れた資質に驚いた。リータンの神託は、新しく生まれてくる子は故ダライ・ラマ法王の転生であると予言していた。ところが、政治的状況の混乱から、僧侶たちは新しいダライ・ラマ法王をラサまで連れて行くことが出来なかったので、その代わりにクンブン僧院に連れて行き、そこで彼は、ンガワン・ロサン・テンパイ・ギャルツェンに僧門の誓いを立てた。

1720年、彼はポタラ宮で戴冠し、パンチェン・ロサン・イェシに僧門の誓いを立て、ケルサン・ギャツォの名を得た。1726年、サカ・ダワ(仏陀生誕)の吉祥月に、パンチェン・リンポチェにより叙階された。彼は、ギュメイ僧院の僧院長パンチェン・ロサン・イェシと、シャル僧院の僧院長ンガワン・ヨルテンに教えを請い、仏教哲学の主要な論文を全て読破し、顕教、密教双方の指導者となった。

1751年、43歳のとき、チベット政府を治める宰相たちの協議会である「カシャック」を組織し、権限の一極集中の弊害があったデシ(摂政)の制度を廃止した。これに伴い、ダライ・ラマは、チベットの祭政双方の首長となった。45歳のとき、ポタラ宮殿内に、ツェ学校を設立するとともに、ノルリン・カルサン・ポドランの新宮殿を建立した。ダライ・ラマ7世は偉大な学者であり、特に密教関係の著作を多く残した。詩人としても優れていたが、ダライ・ラマ6世と異なり、宗教を題材に採った詩を多く残している。彼の簡素で欠点のない人生は、全てのチベット人の敬愛を集めた。1757年没。

ダライ・ラマ8世(ジャムペル・ギャツォ)

ダライ・ラマ8世(ジャムペル・ギャツォ)

ダライ・ラマ8世ジャムペル・ギャツォは、1758年に南西チベットのウ・ツアン地方ラリ・ガンのソブギャル村で生まれた。父親のスーナム・ダルギェと母親のプンツォック・ワンモは、もともとカム地方の人で、ガザールの叙事詩に出てくる伝説的英雄の一人であるダラ・ツェギャルの子孫とされている。母親がジャムペル・ギャツォを身ごもった途端、ラリ・ガンでは、大豊作となり、1本の大麦に前代未聞の3〜5本の穂がついたといわれている。母親と親戚が庭で食事をしていると、巨大な虹が現われ、その弓形の一端が母親の肩にかかった(聖者の誕生を告げる大変おめでたい兆し)。誕生からほどなくして、ジャムペル・ギャツォは、顔に微笑みを浮かべながら、しきりと天を仰ぐとともに、蓮華座を組んで瞑想のようなポーズをとるようになった。パンチェン・ラマ6世のパルデン・イェシは、ジャムペルのことを聞き、まぎれなくダライ・ラマ法王の生まれ変わりであると言った。

ジャムペルは、話しが出来るようになると、「3歳になったらラサに行く」と言った。次第に、チベット全体が、この子をダライ・ラマ8世であると確信するようになった。ダライ・ラマ7世の第一宰相であったダークパ・タイェは、大勢の僧侶を連れてラサにやってきて、当時2歳のその子をシガツェのタシルンポ僧院に連れて行って認定式を行った。パンチェン・ラマは、その子にジャムペル・ギャツォの僧名を授けた。

1762年、ジャムペルは臣下とともにラサに戻り、ポタラ宮でダライ・ラマ8世となった。戴冠式を主催したのは、未成年のダライ・ラマ法王の国務を代行する初の摂政、デモ・トゥルク・ジャムペル・ジェシであった。7歳でジャムペルはパンチェン・ラマに僧門の誓いを立て、1777年に叙階を受けた。ダライ・ラマ8世は、宗教面での目覚しい業績に加え、ラサ近郊に有名なノルブリンカの庭園と夏宮を建立した功績がある。1804年に47歳で没した。

ダライ・ラマ9世(ルントック・ギャツォ)

ダライ・ラマ9世(ルントック・ギャツォ)

ダライ・ラマ9世であるルントック・ギャツォは、1805年にカム地方の小村であるダン・チョコールに、テンジン・チョキョンとドンドゥップ・ドルマの子として生まれた。1807年、ダライ・ラマ8世の転生として認められ、行列の随行のもとラサに赴き、盛大な認証式ののち、1810年、ポタラ宮でダライ・ラマ9世となった。パンチェン・ラマに僧門に誓いを立て、ルントック・ギャツォの名を得た。残念ながら9歳で夭逝。

ダライ・ラマ10世(ツルティム・ギャツォ)

ダライ・ラマ10世(ツルティム・ギャツォ)

ダライ・ラマ10世であるツルティム・ギャツォは、1816年にカム地方のリータンに、ロサン・デクパとナムギャル・ブーティの子として生まれた。1822年、ダライ・ラマ法王の転生として認められ、ポタラ宮で戴冠するとともに、パンチェン・ラマであったテンパイ・ニーマに僧門の誓いを立て、ツルティム・ギャツォの名を得た。1826年、10歳のとき、ドレプン僧院に入門し、さまざまな仏教哲学の書を学び、顕教と密教を修めた。1831年、ポタラ宮の改修を行い、19歳のときに、パンチェン・ラマのもと叙階した。しかしながら、健康が優れず、1837年に早世した。

ダライ・ラマ11世(ケードゥプ・ギャツォ)

ダライ・ラマ11世(ケードゥプ・ギャツォ)

ダライ・ラマ11世であるケードゥプ・ギャツォは、1838年に、カム地方のガサールに、ツェタン・ドンドゥップとユンドゥン・ブーティのあいだの子として生まれた。1841年、ダライ・ラマ法王の転生として認定され、時のパンチェン・ラマであったテンパイ・ニーパが剃髪式を行い、ケードゥプ・ギャツォという僧名を授けた。1842年にポタラ宮で戴冠し、11歳のとき、パンチェン・ラマに僧門の誓いを立てた。若年に関わらず、国民の支持のもとチベットの祭政の長としての役割を果たしたが、1856年、ポタラ宮で急死した。

ダライ・ラマ12世(ティンレ・ギャツォ)

ダライ・ラマ12世(ティンレ・ギャツォ)

ダライ・ラマ12世であるティンレ・ギャツォは、1856年にラサ近郊のロカに、プンツォック・ツェワンとツェリン・ユドンの子として生まれた。

1858年、ダライ・ラマ法王として認定。ラサに移り、ガンデン僧院僧院長のレティン・ンガワン・イェシ・ツルティム・ギャルツェンより、ティンレ・ギャツォの僧名を得た。1860年、5歳のとき、摂政のロサン・ケンラブに僧門の誓いを立て、ポタラ宮で戴冠した。1873年18歳でチベット祭政の長となる。1875年、ポタラ宮で20歳で死去。

ダライ・ラマ13世(トゥプテン・ギャツォ)

ダライ・ラマ13世(トゥプテン・ギャツォ)

ダライ・ラマ13世であるトゥプテン・ギャツォは、1876年、チベット暦の火の鳥の年に、南チベットのタクポ・ランドゥンの農家の家庭に、クンガ・リンチェンとロサン・ドルマの子として生まれた。

1878年、神託の予言と誕生時の吉祥の兆しから、ダライ・ラマ法王の転生として認定された。ラサに移り、当時のパンチェン・ラマであるテンパイ・ワンチュクの下で僧門の誓いを立て、ンガワン・ロサン・トゥプテン・ギャツォ・ジドラル・チョクレー・ナムギャルの僧名を授かった。1879年、ポタラ宮でダライ・ラマ13世として戴冠。

1895年8月8日より政治の長となるが、当時、チベットは、膨張を続ける帝政ロシアと英領インドの狭間にあり、チベットをめぐり大国が領土争いのつば競り合いを行っている状況であった。1904年に英国がチベット侵攻し、1909年には中国(清朝)の侵攻があったが、いずれもうまく切り抜けたことで、ダライ・ラマ13世の権威は増した。

1909年、趙爾豊将軍の四川軍がラサ市街に達しようとしているとの知らせが広がると、ダライ・ラマ法王とチベット政府の高官はラサを離れ、インドに向かった。一行は、ドモの山を超え、チベットとインド・シッキムの間を分けるジェレプラ峠における国境をインド側と討議した。

1911年、清朝が崩壊すると、チベット人は領土から残留清国軍を追放し、ダライ・ラマ法王はチベットに帰還した。帰還後のダライ・ラマ13世は、ダライ・ラマ5世以来、絶えてなかった強い政治的権威を発揮するようになり、近代化に努めるとともに、チベット王政システムの抑圧的な部分の改革を行った。ダライ・ラマ法王はインド亡命中に知った現代社会の様子に感銘を受け、チベットに初めて通貨と硬貨を導入した。1913年、国内初の郵便局を設立し、工学を修めるため、4人の若きチベット人を英国に留学させた。1813年1月8日、チベットの独立を再確認する五箇条の公的声明を出した。

1914年には、チベット軍に特別訓練を施し、軍備増強に努めた。1916年、チベット医学の独自の伝統を保持するため、精鋭の若者と各地の僧院の僧侶を集め、今日、メンツィ・カンとして有名なチベット医学研究所を設立した。1923年に、公安と国民福祉を目的にラサに警察を設置し、同年、ギャルツェに最初の英語学校を設立した。1933年に58歳で死去。


(翻訳:吉田明子)

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス