ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 

1999年6月 天安門事件10周年メッセージ

(1999/06/01 ダライ・ラマ)

天安門事件10周年に際して中国の兄弟姉妹の方たちに心よりご挨拶を申し上げたいと存じます。1989年6月に起こったこの事件は中国における政治上の歴史の転換点になっただけでなく、同様に社会上の歴史の転換点になりました。中国の若い人たちが中国首脳陣の権力に屈せず、人類全てに必要不可欠な自由と民主主義のために勇気と決意を持って努力したことに大変感動しました。国民の基本的権利を尊重することがその国家にとっても利益になるということを私は主張してきました。というのも、国民にとっての幸福は国家にとっての幸福でもあるからです。中国の首脳陣に対するメッセージを単に送るだけであったあの事件は、不幸なことに罪の無い人々の命を犠牲にしてしまう結果になりました。

そして今10年が経ち、中国における民主活動は、自由のメッセージを送るという試みを行っています。1950年代後半におけるチベット人と共に辛酸をなめた私の経験から申しますと、失望したり人々が興味を失ったりしたとしてもまたよい機会がやってくるということです。それゆえ決して投げ出したりしてはいけません。民主主義と自由は一夜にして手に入れられるものではありません。絶え間無い努力を通してやっと実現するものなのです。

私は1チベット人として、天安門事件により中国の人々がチベット問題に対し理解が深まることになったと感じています。中国の人々は、私たちチベット人の蜂起が単なるプロパガンダではなかったことに、あのとき初めて関心を持ち核心に触れるという行動にでたのでした。中国で首脳陣にチベット問題に関心を注ぐよう要求する声が上がっていることに私は特に励まされております。チベット問題を解決することは単にチベット人だけのためではなく、同じように中国人にとっても大切なことなのです。

この天安門事件10周年によって、中国の兄弟姉妹の方たちが重要な任務を続ける上で必要な力をさらに充電できることを希望しております。

祈りを込めて

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス