ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 

行政:カシャック(内閣)

チベット亡命政権の行政的な主権はダライ・ラマ法王にある。法王は、亡命チベット人憲章の条項に従って、直接的に、または大臣や機関を通じ、この権限を行使する。

カシャック(内閣)はチベット亡命政権の最高執行部であり、最高権限を行使する。カシャックはチベット難民コミュニティに関連する問題について、あらゆる政策を協議の上、決定するものであり、チベット問題を常に世界に認識させるという最も重要な責任を負っている。

カシャック 建物

カロン・トリパ KalonTripa(主席大臣)は亡命中のチベット人によって選出される。選出された主席大臣は7人の内閣大臣を指名する。それにはチベット亡命議会の50%の賛成を得なければならない。主席大臣が辞任するか、あるいは職務を続ける能力がない場合は、チベット人達は主席大臣を再選する。内閣大臣は各自、同等の権力と責任を有す。カシャックの主な責務のひとつに、チベット解放運動を先頭にたって推進することが伴う。

現在、大臣は以下のメンバーである。

公安大臣 ドンチュン・ンゴドゥプ Mr. Dongchung Ngodup
財政大臣 ツェリン・ドントップ Mr. Tsering Dhundup
文化、宗教大臣 ペマ・チョンジョル  Mr. Pema Chhinjor
内務大臣 ドルマ・ギャリ Mrs. Dolma Gyari
情報、外務大臣 デキ・チョヤン Ms. Dicki Chhoyang
厚生大臣 ツェリン・ワンチュク Mr. Tsering Wangchuk

カシャックは事務局によって運用されており、事務局は議院内閣のすべての行政問題および複数の省に影響を及ぼす亡命政権の重要な法案について責任を負う。

カシャックが管轄する主な省は以下のとおりである。

  • 宗教・文化省
  • 内務省
  • 財務省
  • 文部省
  • 公安省
  • 情報・国際関係省(外務省)
  • 厚生省

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス