ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 

ダラムサラ旅行ガイド

| ダラムサラについて | デリーからダラムサラまで | 食べる・泊まる |

ダラムサラについて

リトル・ラサ Little Lhasa

仏教論理大学(手前)と
中央本堂(後ろの黄色い建物)み

ダラムサラには、6000人以上のチベット人が生活をし、カンチェン・キション(雪有る幸福の谷)という場所に亡命政権の官庁街がある。宗教・文化省、内務省、大蔵省、厚生省、文部省、情報国際関係省(外務省)、公安省など7つの省庁が並んでいて、その中心部に国会議事堂がある。亡命政府は7つの閣僚からなる「カシャク」(内閣)があり、国民議会に相当する亡命チベット代表者議会による議会制民主主義の体制をとっている。

ダラムサラは、チベット亡命政権の各省庁の他、チベット仏教論理大学、チベット子供村(TCV)チベット舞台芸術研究所(TIPA)チベット医学・暦法学研究所(メン・ツィー・カン)チベット文献図書館(TIWA)、ノルプリンカ研究所、ナムギャル寺院などがあり、チベット文化の中枢地となっている。

ダラムサラは、ダライ・ラマ法王の指導の下、チベット亡命政権をはじめ、6000人以上のチベット人が住み、チベット仏教文化の拠点となっているため、外国人は、ダラムサラのことをリトル・ラサ(Little Lhasa)と呼んでいる。年々チベット仏教文化に関心を示す人々が増え、世界各国から訪れる人々が増えている。ほとんどがダライ・ラマ法王の謁見目的で、他にチベット仏教文化やチベット亡命政権の現状視察目的などもあるようだ。最近では、インド人の観光客や巡礼者も増えている。


ダラムサラ 仏教と深い因縁

ダラムサラの夜明け

インド独立後、インド最初のネルー首相は、1960年、ダラムサラをチベット亡命政権の拠点として用意した。ダラムサラに程近いカングラ谷間は、2,700年前から仏教と深い関係のある土地だったことは意外に知られていない。カングラ谷間は考古学上非常に興味深い未発掘の土地があり、インド仏教を理解するためには重要な土地である。635年、三蔵法師がその旅行記の中で、かつてこの周辺に50もの仏教僧院があり、そこで2000人以上もの僧侶たちが修行していたことを記している。しかし、その数世紀後、バラモン教の隆盛により仏教はこの谷間から消滅した。


英国上流社会のダラムサラ

ダラムサラの町並み

1849年、イギリスは、ダラムサラを軍の駐屯地に決める。アッパーダラムサラは、イギリス人たちの避暑地となる。しかし、1905年、ダラムサラは大地震に見舞われ、山頂「アッパーダラムサラ」の多くのビルが崩壊し、住民たちは麓「ロウアーダラムサラ」の安全な場所に移動した。その当時、ロウアーダラムサラには刑務所と靴屋がある程度だった。1947年、イギリスからインドが独立し、ダラムサラからイギリス人たちがいなくなる。


亡命チベット人の首都ダラムサラ

バクスナーへの道

インドのネルー首相は、ダラムサラが閉静で静穏であるという理由で、チベット難民のためにダラムサラを選んだ。しかし、チベット人にとってはこの地は長所も欠点もあったようだ。首都デリーに近ければ、コミュニケーションを取り易く国際交流には利点が多かったかもしれない。1960年、ダライ・ラマ法王は、チベット亡命政権をマスーリからダラムサラに移動し、現在に至っている。現在、6,000人以上のチベット人がここで生活している。


デリーからダラムサラまでへ


| ダラムサラについて | デリーからダラムサラまで | 食べる・泊まる |

チベットについて

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス