ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 

産児制限と中絶・不妊手術の強制

チベット亡命政権 情報・国際関係省著「チベット入門」より抜粋

1984年、中国政府は、チベット人に対して子供を2人以下とする産児制限を課した。しかしその方針に従っているのは、「自治区」住人のわずか12%であるという。というのも、農村や遊牧地帯のチベット人は、この制限を免除されることになっていたからだ。ところが実際は、第3子を産むと1,500元〜3,000元(400〜800ドル)の罰金が課せられた。しかも第3子以降の子供には配給票が与えられず、規則違反の労働者には最高50%の賃金カットがあった。場合によっては、3ヶ月〜6ヶ月の賃金支払い停止処分を受けることもあった。

このような強硬手段は、さまざまな巧妙な手口を使って実施されてきたし、また現在でも実施されている。1987年11月5日、「チベット自治区」計画出産委員会の責任者ツェリン・ドルカーは、ある会議の席で次のように語っている。

104,024人の出産適齢女性のうち、76,220人が既婚者である。このうち、22,634人がすでに不妊手術を受けている。これはチベット自治区に住む出産適齢女性の30%に当たる。1985年には、家族計画の方法が教えられた農村や遊牧地帯で、意識と出生率の両方において目に見える変化が現れた。また翌1986年、ニンティ[林芝]地区、ロカ[山南]地区、シガツェ地区で、女性の19%が不妊手術を受けている。

シガツェの民政局によれば、1990年7月、シガツェ小児産婦人科病院のチームがブチュン(布窮)県の遠隔地域で調査を行った。その結果、この狭い地域だけで387人の女性が不妊手術を受けていることがわかった。一行は、それまでにも110の県を回り、2,419人の女性のうち1,092人に不妊手術を施している。

ロカのギャツァ[加査]県にある小児産婦人科病院のツェリン・ヨードン医師によれば、

4,000人以上の出産適齢女性のうち、1,000人以上が避妊を行い、700人が不妊手術を受けている

という。

カムとアムドでは、さらに抑圧的な政策が取られている。
たとえば、甘粛省「天祝(パリ)チベット族自治県」では、1983年、2,415人の女性が不妊手術を受けており、その82%がチベット人である。また1987年には、四川省「甘孜チベット族自治州」のザチュ県で764人の出産適齢女性が不妊手術を受け、そのうちの660人がチベット人であった。産児制限チームが農村・遊牧地域を歩き回っては、女性たちを集めて中絶や不妊手術を施している。すでに腹部の大きくなっている女性にさえ中絶が強制され、ついで不妊手術が実施された。

一般にチベットにおける産児制限は、土地や時期によって実施の度合いがまちまちである。それは多分に、産児制限はすべてが地方役人の熱意に任されていることによる。

産児制限について、白書はこう述べている。

チベットでは、わずか12%の人しか出生計画の方針に従っていない。出生計画を実行する際、政府はいつでも「普及に努め、本人の意志を尊重し、奉仕を旨とする」原則は堅持しており、強制中絶の類はすべて禁止している。

チベットについて

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス