ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>チベットについて>現在のチベット>チベットの人権問題>チベットでの中国の存在と人権の侵害(女性の権利)

チベットでの中国の存在と人権の侵害
TCHRD(チベット人権・民主センター)1997年発行

女性の権利

1996年にひどい宗教弾圧が始まるにつれて、チベット人の女性は残酷な弾圧にあわされた。そして、137名の尼僧らが尼寺から追い出されたことが分かっている。チベットの女性、しばしば尼僧を標的にして恣意的な逮捕が続けられ、さらに監獄内にいる間も拷問や酷使の対象としている。現在、判明している1,216名の政治囚のうち、295名は女性であり、また10年以上の服役をしている女性の政治犯は11名である。ある女性は妊娠3ヶ月17日であったにもかかわらず、逮捕された夜の尋問では、列に並ばされて14時間に渡り寒い部屋の中で立たされっぱなしだった。彼女は、尋問者に妊娠中であると訴えたが、その願いは無視され、尋問が続けられた。その結果、次の日、彼女は監獄の便所の中で自分の子どもを流産してしまった。

1997年にチベットの女性に対する強制手術や人工流産の数は883件と分かっており、その結果、1人が死亡し、3名の女性が死産した。その他、たくさんのチベット人女性が妊娠したため罰金を科された。チベットの様々な地域から伝えられた情報によると、厳しい産児制限の基準が作られているという。このことは、特にチベット内への中国人大量人口移動とも関連して、チベット民族の存続に深刻な危機を及ぼしている。

中国の役人によって、子どもは2人または3人と制限されていて、その割り当てを守れなかった者は、厳しい罰金によって処罰されている。その金額は1,500元〜3,000元である。また、制限外に生まれた子どもは、教育、雇用の機会が認められていない。多くのチベット人女性らに子宮内装置が取り付けられていて、この装置について適切な情報を与えられず、彼女らの体内に装置が埋め込まれていることさえ伝えていない。さらに、いくつかの事件の報告によると、体内に設置された装置のコイルの部分が錆びてしまっているか、あるいは肉がその周りに癒着し始めているということだ。

1996年末、ラサ都市のある特定の地域で、既に3人の子どもを産んでいる308名のチベット人女性たちを、約22日間かけて不妊手術した。「チベット自治区」のジャムドゥン町では、16歳以上の全てのチベット人女性に、長期間、避妊用具が導入されたと伝えられている。そのうち、3人の女性は強制手術を受けさせられた結果、死産した。


民族差別へ

子供の権利へ


チベットについて

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス