ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>チベットについて>現在のチベット>チベットの人権問題>真実のレポート〜2008年3月の蜂起から現在までの拷問の実態〜

真実のレポート〜2008年3月の蜂起から現在までの拷問の実態〜(7/8)
ICT作成/国連拷問禁止委員会提出資料

2008年9月 The International Campaign for Tibet(ICT)


7. 報復的実力行使と強制連行(失踪)問題

3月の抗議活動に続いて行われた取り締まりについて特筆すべき特徴として「失踪問題」が挙げられます。
チベット人が自宅もしくは僧院や修道院から連れ去られる時、そのほとんどは真夜中です。

これは、4月14日以来、チベット高原地帯全域で大規模に起きました。文化大革命以来、もしくはそれ以前から、連れ去られることによる失踪が、どの程度の規模なのかはっきりと知られていません。
わかる限り最も確かなことは、中国の刑事訴訟法においても求められている通知手続きを無視する形で、今日においても続けられているということです。

3月14日以降、ラサに於いては、ほとんどのチベット人の家庭で、誰かしらが失踪しています。あるチベット人情報提供者によれば、これは言わば「第二次文化大革命」のような状況であるとのことです。


次ページ >> 8.刑事免責と法的代理人を得る権利の拒否

チベットについて

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス