ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>チベットについて>現在のチベット>亡命チベット人について

亡命チベット人について

現在、世界中に約134,000人の亡命チベット人が暮らしています。その数は年々増加の一途をたどっています。

1960年、インドの道路工事に携わるチベット難民
©D.R.

ネパール国境付近のヒマラヤを越えゆく難民
©D.R.


亡命チベット人社会の概要

亡命人口 約134,000人 → 世界の亡命チベット人 入植マップ(2002年12月現在)
インド:100,000人 ネパール:20,000人 → インドとネパールのチベット人入植地マップ
ブータン:1,500人 スイス:3,000人、 イギリス:250人、フランス230人、オランダ: 50人、ノルウェー: 50人、スウェーデン:40人、デンマーク:40人、スペイン:30人、ハンガリー: 6人、ポルトガル:2人、アイルランド:1〜2人、ポーランド : 4人、チェコ : 1人 オーストラリアとニュージーランド:200人、 アメリカ合衆国:5,500人、カナダ:1,500人、 台湾:600人 ロシア:30人 モンゴル:10人 日本:60人
政府 民主的な人民投票により選出
国家元首 第14世ダライ・ラマ法王
司法機関 亡命チベット最高司法委員会
立法機関 亡命チベット代表者議会
チベット人の代表者46名で構成される
(43名は亡命者の直接選挙、3名はダライ・ラマ法王による指名)
行政機関 カシャック(内閣)が最高行政機関
その下に、文部省,財務省,宗教・文化省,内務省,情報・国際関係省,公安省,厚生省の主要な部門が設置されている。
主なNGO チベット青年会議,チベット婦人協会,チベタン・フリーダム・ムーブメント,チョルカ・スム機構,チベット国民民主党
在外代表部 ニューデリー,カトマンドゥ,ニューヨーク,ロンドン,パリ,ジュネーブ, ブダペスト,モスクワ,キャンベラ,東京,プレトリア,台北
経済 農業,農業関連産業,絨毯の生産・輸出,サービス産業。
冬期のセーター販売業が亡命者の約70%の経済的市中になっている。

世界の亡命チベット人 入植地マップ(2002年現在)

インドとネパールのチベット人入植地

インドとネパールのチベット人 入植地マップ(2002年現在)

インドとネパールのチベット人入植地

チベット亡命政権の難民収容センターの様子

ネパール・カトマンズにある難民収容センター
他にインドのダラムサラにもある

自らの生命を賭けてチベット人は、老いも若きも、中国支配のチベットから毎年2,000人以上が脱出し続けている。何千キロにも及ぶヒマラヤ山脈の壁を越えてなんとか中国を脱出できた人たちは、チベット亡命政権の難民収容センターに保護される。

プンツォック・ディキ(10歳)は、零下40℃という苛酷なヒマラヤ越えを体験した。酷い凍傷にかかり、全身に壊疽が進むのをさけるためにも足の指を切断しなければならなかった。

タシの両足は酷い凍傷のため、切断せざるをえなかった

カトマンズのチベット難民収容センターで
足の指の治療にあたる看護婦

凍傷にかかった酷く
すりむけた足指・・・
切断を避けるために治療は
一刻の猶予もならない


一杯のお茶で気持ちを癒す

一杯の温かいスープ、歯磨きが嬉しい。
少しずつ生活が回復し、また笑いが難民たちに戻ってきた。


関連ページ

チベットについて

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス